ピクスク番外編① プロフィール欄のリンクを使ってアバター用着せ替え素材を無料配布する方法

オンライン即売会サービスpictSQUARE(ピクスク)に参加するなら、せっかくなので何か和遊湘南で実際に売っているハンドメイドアイテムのデータ版を制作し、皆様に使って頂きたい!ですが、ピクスクが推奨している商品注文システムpictSPACEは実物の頒布物とDLデータを同一店舗内に出品できません。何かいい方法がないか考えていましたが、プロフィール欄のリンクを使用することで解決できました。

目次

ツイッターにpng透過データ(アバターサイズ)をつけてツイート

pictSQUARE追記

制作したデータをTwitterに投稿し、パーマリンクを取得します

パーマリンクの取得方法は、該当ツイートを開き、アドレスバーをコピーするだけです。今回はアバター用の素材として制作したので、オリジナルアバター制作の推奨サイズ、透過png形式で保存したデータを投稿しました。

pictSQUARE(ピクスク)にログインします

pictSQUARE追記

ピクスク(https://pictsquare.net/)にログインしてアカウントからプロフィールを選択します

画像サイズは200×200で任意の画像をアップロード可能。

pictSQUARE追記

一番左のタブがプロフィールです

ニックネームは会場内での表示名になります

pictSQUARE追記

プロフィールには3つのURLを貼ることができます

この中の1つをTwitterのパーマリンクにします。仮に今回は③の場所に、先にツイートしておいたお面のツイートURLを貼り付けました

②の1つはツイッターがオススメの件については後日記載します。

表示内容の確認

pictSQUARE追記

実際のプロフィール表示

自分のプロフィールをスクショしてもらうのを忘れたので、身内に店舗にはいってもらった際の画像で解説します。

画像に記載のとおり、3つのボタンがこのように表示されます。(画像はスマホ版)いずれかにDL用のURLをいれておけば、気軽に見てもらうことができます。

また、サークル参加側には「店舗から追放する」という表示があることが確認できます。使う頻度は低そうですが、あると安心ですね。

オリジナルアバターを制作した際にアップロードデータを確認するデモ会場においては、入場毎に名前を入力しますが、実際にはプロフィールで入力したものが固定で表示されます。

アバターを着せ替える

着せ替えといっても、アバターは描写してあげないと着せ替え出来ません。ダウンロード先で保存したアイテムをご自身のアバターに追加してもらうという形になりますが、簡単にアイテムの共有が可能です。販促ツールとして使えるかは微妙なところですが、イベント内で同一アイテムを使用したい時や、来場者と楽しむアイテムとしていかがでしょうか?

実際に参加してみた感想はまた後日記載します。

オンライン即売会サービスpictSQUAREにサークル参加する方法 全5回

  1. オンライン即売会サービスpictSQUAREにサークル参加する方法vol.1/pictSPACEの解説
  2. オンライン即売会サービスpictSQUAREにサークル参加する方法vol.2/pictSPACEアカウント作成
  3. オンライン即売会サービスpictSQUAREにサークル参加する方法vol.3/pictSPACEヘッダーの編集と店舗への頒布物の登録
  4. オンライン即売会サービスpictSQUAREにサークル参加する方法vol.4/pictSQUARE用アバター制作
  5. オンライン即売会サービスpictSQUAREにサークル参加する方法vol.5/pictSQUARE店舗カスタムとイベント参加申し込み

和遊湘南 - にほんブログ村※ブログ村の広告が表示されますが、当ブログとは無関係のものです

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

和遊湘南では着物リメイクデザイン協力、縫製、ペイントアイテムやデジタルデータ関連、和装小物の制作、撮影、WEB周りなど雑務全般を担当しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる