黒留袖リメイク/モモンガ着物羽織り菊満開、ストールにもなる2wayアイテム

菊満開のモモンガ着物羽織
ストールにもなるモモンガ着物羽織(菊満開)
目次

モモンガ着物羽織について

モモンガ着物羽織は留袖着物の柄を生かし、着物羽織、ストールとして”2way”で着ることができる万能アイテムです。今回は『菊満開の刺繍留袖』をリメイクして制作したモモンガ着物羽織についてご紹介致します。

着物データ

菊満開の黒留袖
菊満開の黒留袖

【年代】昭和中期
【裏地】正絹:白
【デザイン】菊満開の花模様にちらし銀泊。一部金・銀刺繍
【印象】キュート
【家紋】五三の桐
白、グリーン、クリーム色などの菊が散らされた華やかで可憐な柄。1つのモチーフを存分に使用した個性的な柄です。前身ごろに金の刺繍が施され、アクセントになっています。

こちらはヤケなど大きなダメージもなく、比較的状態の良い着物で、幅も広めでした。こういった着物の場合安心してリメイクを行うことができます。
古い着物は生地に薄い部分がある、ヤケがあるなどの他に小柄な人用に仕立てられていることが多く、身幅が33cm程度しかない場合が多いです。現代の人は背が高く腕も長い傾向にあるので、リメイクの際に十分な裄丈を出すことが難しい場合があります。

着こなし① 羽織スタイル

着用には和遊湘南オリジナルの着物などの生地を傷めにくいシリコンゴム付きのクリップを使用しております。

着こなし② カーディガン風

菊満開のモモンガ着物羽織

モモンガは『肩』がないので、特に絹同士で着ると滑り落ちてしまいます。そのため、しっかりと固定しつつ着崩れない方法も縫製工程と同様に試行錯誤しました。着こなし①でご紹介したクリップ方式とこのピン留め方式の2つを採用し、3通りの着こなしが楽しめるようになりました。ピンは丈夫で針部分が細く、繊維を壊しにくく針穴が戻りやすいものを探しました。キャッチもしっかりとまる高級タイプを使用しております。

留袖絵柄詳細

金や銀の刺繍部分が凹凸になり、菊という1つのモチーフを様々な印象で見せてくれます。和遊湘南のモモンガ着物羽織はすべての柄をつなぎなおし再構築するスタイルで制作しています。今回は襟部分にもモチーフが来るようにしたのがポイントです。

着こなし③ ストールスタイル

菊満開のモモンガ着物羽織
畳んですっきりと収納できます

裏地について

菊満開のモモンガ着物羽織
クリーム系白地に菊と立涌模様の吉祥柄

裏地に菊に立涌模様の新反襦袢地を配置して仕立てました。モモンガの裏地には新反を使用して制作致します。

和遊湘南オリジナルクリップ詳細

菊満開のモモンガ着物羽織
共生地で制作した着物クリップ

このモモンガ着物羽織には共生地で制作した和遊湘南オリジナルクリップが付属します。間をつなぐ天然石パーツはオニキス×アンティークがセットになります。他にも珊瑚、アベンチュリンの2種類のご用意があり、どちらも即納品です。サイズ調整などのご希望に沿うことも可能です。

着物クリップ
クリップは単品でこのように使用することもできます。

お手持ちの羽織やカーディガンに使用するほか、様々なアイディアでお楽しみ下さい。

ご依頼について

総裏付きモモンガ着物羽織のお仕立て代は4万~となり、表地代はお選び頂く着物の柄、状態によって違います。(裏地は新生地使用で当方が表地に合うものを選択致します。価格は一律です)また、快適に着て頂く為に付属品としてシリコンゴム付きの和遊湘南オリジナル羽織留めクリップをおつけしており、こちらは基本価格に含まれています。
表地、裏地持ち込みの場合はお仕立て代、付属品代の他、解き洗い有無によって価格が変わります。持ち込み生地の状態によっては制作が難しいこともありますので、随時ご相談させて頂き制作致します。

納期について

生地を持ち込まれる場合

1週間程度~

当方で着物(柄)をご提案する場合

お好きな雰囲気のご希望をお伺いし、在庫からご選択・または入荷時に随時ご連絡致します
※着用日などご希望がある際はそちらを考慮してご相談させて頂きます。

こちらのアイテムは裄、着丈をお伺いの上で制作致します。その他オーダー見積もりにつきましては以下のページをご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

ローチ幸のアバター ローチ幸 和遊湘南の縫う人

和遊湘南でボーダレスに和を楽しむをテーマに着物リメイクやレジン・天然石などを使った和装小物の制作をしています。アイテムはcreema,minneにて販売中。リメイクのお問い合わせはインスタDMがオススメです!

コメント

コメントする

目次
閉じる