初孫のお宮参りで東京葛飾区の亀有香取神社へ

ようこそ、いらっしゃいませ。

今回は初孫のお宮参りで東京葛飾区の亀有香取神社に出向いたお話です。

亀有香取神社鳥居
亀有香取神社鳥居

この日はお嫁さんの希望もあり和スタイルで「模様には兜もあったらいいな」との事。お宮参りの初着柄には男児の場合鷹か兜が多いですね。どちらも強くたくましく育ってほしいの願いがこもっているようです。懇意の着物やさんに相談したところ気に入ったものがありました。

初着(産着)の着付けとしては着物と襦袢を重ねたまま着物に付いている紐を袖に通しておきます。赤ちゃん自身は気慣れているベビー服でOK、だっこする人の肩と反対側は肘のあたりで斜めにくるむようにして背中でしっかりリボン結びします。せっかくの柄が良く見えるように撮影前はシワになっていないか注意したいところ。

お宮参りの着物スタイル

帽子と涎掛け(よだれかけ)にもおめでたい柄が選ばれます。鶴と亀の刺繍はやはり日本らしいお祝いの気持ちが表れていると思います。

涎掛けに鶴と亀の刺繍

一度だけ着用の初着ですが今後何かに活用できればなと考えています。少しお直しして3歳くらいまでならちゃんと着せて写真を撮ってみるのもいいかも。

なお香取神社での撮影は地面が白っぽいので映り方が良いように思います。ただ神殿に向かって右側には大きなマンションや商業施設(アリオ)があるので立ちポイントにはご注意を。

亀有香取神社境内前
亀有香取神社境内

 

この日のローチの装いは胡桃(くるみ)色の紬訪問着、江戸時代の「藤沢」を題材とした作家もので江の島を行きかう旅人が描かれています。帯は黒地に金が織り込まれており雲か波にも見立てられるかなと。

紬の訪問着
紬の訪問着

 

亀有神社と地元湘南とのご縁をつなげたく帯締めに亀の結び飾りも下げて、おめでたさとともに参拝する気持ちを表現しました。

お宮参りの訪問着スタイル

折に触れ、神社に行くのは気持ちが改まっていいものだなと感じます。

11月生まれの子ですが母子の健康状態等考え、真冬を避けての参拝。白く舗装された境内はとても清々しく、ご本殿に上がる前の待合室も広々ときれいで気持ちよく過ごせました。

着せられてむずがる様子もまた思い出

着なれない装いにむずがる赤ちゃん
めいっぱいのギャン泣き!

 

亀有神社本殿通路
控室から本殿への通路、いざご神前へ

お祓いをしてくださる神主さんが女性だったのは何となく嬉しい驚き、祝詞は優しい声で聴きやすく良いものだなと感じました。その間何とか孫も泣かず・・。

私達が本殿の中で撮影をすることは禁止ですが、神主さん自らが記念にシャッターを押して下さいました。

亀有神社本殿にて神主さんが撮影

本殿を後にして外での撮影にもお付き合い下さり家族総出の私たちをパチリ、ご案内から随時行き届いた対応で、安心して参拝できたことに感謝です。


ここで少しオマケのお話です。香取神社は御祭神である経津主大神(ふつぬしのおおかみ)、また相殿にお祀りされている武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)はいずれも武神(闘いの神さま)として古くより崇敬されていたことから、現在では「何事にも打ち勝つ、除災招福開運厄除の神様」「スポーツの神様」と言われているそうです。またこの地で有名な漫画の「こち亀」のご縁も、ということで境内にはキャプテン翼や両さんスポットもありました。

亀有神社健脚祈願・キャプテン翼

 

亀有神社・両津勘吉像

 

鳥居のところでは狛犬ならぬ勇ましい亀さんが両脇を守って

この日は合わせてお食い初めもしたのですがそのお話は次の機会に・・。これからお宮参りを検討されていらっしゃる方、都内でしたら亀有香取神社もおすすめです。本日は初孫お宮参りの話にお付き合い頂きありがとうございました。

 

亀有香取神社アクセス:JR常磐線「亀有駅 」南口 徒歩3分

和遊のつくるひと

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする