ようこそ、いらっしゃいませ。

年末の大歌舞伎は40代から毎年見ていて、友人との恒例行事。
たいていランチをしてから夜の部へ。

この日は歌舞伎座の向かいにあるビルの6階、
「和」(なごみ)さんでの「海の幸たっぷり海鮮丼」にしました。
リーズナブルで美味しいですよ~。
c6b8503fc1b30bd10ac3b1e136300f2c7d184083-43-2-2-2

窓の下の風景はイチョウの黄色がまだ残っています。
96ff5fad6947390b49ada07a0b08db95e311227a-43-2-2-2

4時半からの開演にはたっぷり時間があるので、歌舞伎座の地下のお店を冷やかして
80c0f1bb959e1a0fb299aff7a08cfe5296fbf7ee-43-2-2-2

たまに2人でカメラに納まりました。
グレイヘアーがローチです。
a6cccbb079d40cf674de9b399b93d0bb524985ae-43-2-2-2

今日のお席は、1階6列5番、6番
なんと花道の脇です。かぶりつき~!
a1b6dbb8a43f0c8db98ba9f2d30d4bf74ead5f0b-43-2-2-2

揚幕からの出や引っ込み、果ては目の前、手が届く位置での演技など、
たまらな~い感じでした。

夜の演目は「妹背山婦女庭訓」(いもせやまおんなていきん)
芝居が展開する三笠山御殿の場は以前に見たことがありますが、
その前の杉酒屋の話から始まるので、以前見た内容が、よりわかります。

今回の配役では、酒屋の娘で哀れなヒロインとなるお三輪ちゃんを、
前半の2幕は七之助さん、後半の三笠山御殿の場は玉三郎さんが演じるという、
見る方にはある意味嬉しい趣向でした。

芝居のクライマックスで、最期を迎えることになる人間国宝の玉三郎さんの芝居を、
今回の席で見られたことが幸せ~!
花道での凄まじいお顔や目の表情、指の先までの演技が2~3m先で行われるのですから、
息をのむ感じでした。

中休みでコーヒーブレイク
ca4bef34b823755c369449b28c10a1196ca1181c-43-2-2-2

大満足で劇場を後に。
718d13dfb60f875f35fb826ded61e86be71afb68-43-2-2-2

筋書き
eb3e58435f354a6370b3f455a1280d0143da47e5-43-2-2-2

筋書きからちょっと拝借
fbc4fb873ca7f536841e49209ee5847dfc1309e1-43-2-2-2

今日は昨日行ってきた12月大歌舞伎のご紹介でした。
本日もご来店頂き有難うございました。

ブログランキング参加中です四つ葉
応援ポチ感謝!ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックで他の方の着物ブログも見ることができますきらきら

着付けに興味のある方はこちら

札幌・出張・個人着付け教室美風庵メールする

ハンドメイド通販creemaへ

Pocket
LINEで送る

コメントを残す