留袖着物リメイク/ビッグシルエットのユニセックスジャケット(金銀獅子)

金銀獅子の黒留袖リメイクジャケット
黒留袖から制作したフリーサイズのユニセックスジャケット

ゆったりとしたシルエットで男女ともに楽しめるビックシルエットの留袖リメイクジャケットのご紹介です。華やかな席にもカジュアルにも着て頂ける、1枚あると重宝する便利アイテムです。

目次

着物データ

金銀獅子の黒留袖
金銀獅子の黒留袖

【年代】昭和中期
【裏地】正絹:白
【デザイン】金銀獅子・刺繍と青のボタン
【印象】クール
【家紋】源氏車紋

空や雲のようにも見える青水色の草花に金銀の獅子が映え、一部刺繍の表現となっています。繊細で手描きの風合いが強い絵柄なので昭和中期から現代にかけてのものではないかと思います。

着物リメイクには様々な表現方法、作り方があります。新しい反物を使う場合や未仕立ての古い反物を使う場合もありますが、多くは着物をほどいて洗ってから1枚の布地に戻して作ることになります。着物地からお洋服を仕立てる際に大切なのは生地の状態確認です。 お客様お持ち込みの着物を使う際は、その反物がきちんと使えるか、ダメージの具合・柄の入り方によってどんなデザインにするか、ご希望を伺いながらご一緒に考えるのも楽しい作業です。

制作について

デザイン上の剥ぎ線をどこで入れ、どのように裁断していくのか?限られた生地幅や長さでパズルをするように、毎回頭をひねっての考えます。柄の面白さ、黒の中に表現された様々な世界が創作イメージをかきたててくれる為、最近では黒留袖を素材として使うことが増えました。

柄詳細

後ろ身頃から上前にむかって走っているような銀獅子。表情は意外に可愛らしく、愛嬌のある風情が珍しい絵柄です。金の柄の隆起が獅子の毛を感じさせる丁寧な作りの柄です。

デザインポイント

留袖を利用してデザインする場合は、できるだけ柄をそのまま見せたいという点からオーバーサイズ、ストレートなシルエットでポケットなどの装飾をほどこさないパターンが定番の1つとなりました。 このジャケットのデザインもそうです。着物のニュアンスをそのまま楽しんで頂きたい思いと「ボーダレス」のテーマに沿って、男女共に着ることのできる左前の仕立にしています。また、使用する着物はほとんどが五つ紋の正式なものですが、カジュアルな席にも着ていただけるようにあえて紋を外して制作しています。 いつも黒留袖の出物がないかと目を光らせていますが、これぞという出会いがなかったり、あっても仕立てられる状態のものではなかったり…そこもまた勉強で、楽しみなところです。

ご依頼について

着物リメイクのご依頼を受付中です。シンプルなオーバーサイズ留袖ジャケットは一重仕立てで2.5万~です。詳細についてはこちらをご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

ローチ幸のアバター ローチ幸 和遊湘南の縫う人

和遊湘南でボーダレスに和を楽しむをテーマに着物リメイクやレジン・天然石などを使った和装小物の制作をしています。アイテムはcreema,minneにて販売中。リメイクのお問い合わせはインスタDMがオススメです!

コメント

コメントする

目次
閉じる