昭和レトロを感じる食器

ようこそ、いらっしゃいませ。

昭和レトロという言葉が世の中に出てから久しいですね。私自身は昭和20年代後半の生まれ、小学校低学年の頃はまだ物が豊富というほどでもなく、既製品の洋服も少なかったと思います。しゃれっ気が出てきた中学生の頃は、外国映画で見るデニムのジーンズに憧れましたが、すぐには手に入らず、親に与えられた物では生地が薄く、色も味わいがなくつまらないと思っていました。

その後いわゆる高度経済成長期を経て、沢山の物が市場に溢れるようになりました。私が学生で洋裁を勉強していた頃はあらゆるものがあり、コシノジュンコ、高田賢三、山本寛斎、三宅一生など若きデザイナーがどんどん外国に出ていって活躍していました。ブランド品の意識もこの頃には付いてきて、その渦の中でそれなりに年を重ねてきました。そして今は自分流!

そんな中、昨年出会ったのが今日ご紹介のこちら、日常使いの雑器です。見た時に「う~ん、いいなぁ~」という思いが心の中に湧きました。高価な物ではありません。昭和45年から着工された神奈川県丹沢湖のダム建設の頃に、景気の良かった山北町中川温泉の民宿旅館で使用されていた古い食器です。今は使われなくなりましたが、捨てるのももったいないと、喫茶コーナー脇に埃もそのままに、使いたい人があればどうぞと、ただ同然のような値段で置いてありました。
何十年も前のもので、今はこういう素朴な色合いや、色付けがずれているのは、逆に珍しく感じます。よく出来ている100均の物より雑かも(笑)でも時を経て、今ここにある嬉しさを感じます。家で丁寧に洗って現在使用中!

直径24cmの大皿
直径24cmの大皿
直径13cmの小皿
直径13cmの小皿

大皿はパスタやサラダ、煮物などがかっこよく盛れ、小皿はこれまた何にでも利用できるグッドなサイズ!徳利とお猪口は、お酒を飲む機会が殆どないので、いまだ使用せずですがこの形いいと思いませんか?これにお酒を注いで、燗を付けて昭和を感じたい!

梅の木と菊花模様の徳利。内側に鶴が描かれた猪口。
梅の木と菊花模様の徳利。内側に鶴が描かれた猪口。

今日は、昭和レトロを感じる食器のご紹介でした。本日もご来店頂き有難うございました。

和遊のつくるひと

シェアする

2件のフィードバック

  1. ローチ幸さん、こんばんは。昭和レトロを感じさせる食器っていいですね。大皿にはパスタ、サラダ、煮物。小皿は使い勝手が良く。そして徳利とお猪口はお酒を飲まれないとのこと。だったら私なら1輪挿しの花瓶にしてしまうかも。お猪口は鶴が描かれ素敵なので、見せる食器にしてしまうかも。袱紗を敷いて置くだけ。オメデタイ日に合わせ玄関などに飾るといいかもです。今職場に飾ってあるのは雛人形。袱紗の上に置くだけですが目を引きます。お茶を習っている時に先生が床の間に季節のもの飾っていました。そして今日も"尾張信長どり"に名前添えありがとうございました。

  2. るるっこるーりー さん
    確かに徳利を花瓶に、お猪口は室礼に使えますね。工夫するのも楽しいこと、ヒントを有難うございます。そして職場にはお雛様が飾られているとの事、季節を感じられるお気遣いが素敵ですね(*^-^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする