訪問着リメイク/蝶袖シリーズ(蔓薔薇)共生地帽子rikyu/セミオーダーメイドご依頼

現代的な黒の蔦模様と薔薇柄の蝶袖ギャザー羽織・共生地帽子rikyu
現代的な黒の蔦模様と薔薇柄の蝶袖ギャザー羽織・共生地帽子rikyu

ハンドメイドサイトにてご縁を頂いたお客様よりセミオーダーメイドのご依頼を受け制作させて頂いた、現代的な黒の蔦模様と薔薇柄訪問着からの蝶袖ギャザー羽織・共生地帽子rikyuの制作についてご紹介致します。

目次

着物データ

現代的な黒の蔦模様と薔薇柄の蝶袖ギャザー羽織・共生地帽子rikyu

【年代】平成
【裏地】正絹:白(グレーぼかし)
【デザイン】紫の薔薇と黒の蔦柄
【印象】クール
大ぶりな紫の薔薇とモダンな黒の蔦柄が洋風なニュアンスも感じる現代的な作品。光沢のある綸子のようなグレー地にハッキリとした直線ラインの黒蔦が目立つ個性的な着物です。

柄部分詳細

現代的な黒の蔦模様と薔薇柄の蝶袖ギャザー羽織・共生地帽子rikyu
紫の薔薇と黒い蔦

やや光沢があり、隆起した織が面白い反物地です。蔦のテキスタイルは裏面まで通して染められていないため、手描きではなくプリントであると考えられます。その為、蔦柄も極めて均一に描かれた現代的な表現が面白い図案です。

着物と洋服の違いは反物の巾など様々あげられますが、その1つは着物は直線で構成されているという事です。
衣桁にかかっている状態を見て頂くとわかると思いますが、薔薇の配置は前裾と右肩であり、裾柄は洋服であればボトムの一番下部分に相当します。

これだけ大きな絵柄が2つだけ、計算された箇所に入ってくるテキスタイルというのは通常小売店などで販売されている洋服地ではまずお目にかかれないもので、着物の反物として生まれてきたテキスタイルだなと感じます。

現代的な黒の蔦模様と薔薇柄の蝶袖ギャザー羽織・共生地帽子rikyu

また、このように黒の直線の装飾的なラインが前後身頃に対して一直線で入っています。
着物として纏う場合、縦長のシルエットが強調され、脇部分がシェイプして見える効果もあります。

洋服というのは身体に沿わせながら曲線を作っていくものなので、テキスタイルの配置については考え方を転換する必要があります。

和遊湘南の蝶袖アウターは、洋装にもご着用頂ける事がポイントですが、着物の羽織ものとしてお召しになれることを大前提に制作しており、お太鼓や袖がしっかりと収まるように考えて設計しています。

着物の反物はお仕立て前で約12mありますが、洋服にする場合は生地を使い切らなければ制作が難しい場合がほとんどです。

今回は、まずこの柄をどのように配置すれば着物ならではの画面の面白さと良さを損なわず、長く様々なスタイリングで着て頂けるものになるか?ここが制作前段階のキモになりました。

トワルでの形出し

基本の蝶袖羽織はこの刺繍羽織リメイク/友禅と刺繍の花籠柄の蝶袖羽織カーディガンの形です。フロント部分と袖を円形で裁断するため、手を開いた時に蝶の袖のようになることからこのような名称をつけました。

フロントは装飾のない突合せです。
しかし今回の場合は、今ある基本形のパターンで裁断してしまうとせっかくの縦の蔦柄が細かく分断され、使用部分もかなり短くなってしまいます。

縦のシルエットを生かすイメージを思考していった結果、この蔦を一本の線と考え、ギャザーに変更し周囲に沿わせる形はどうかと思い至りました。これによって蔦柄をほとんど使い切る形になり、縦線が連なるイメージもそのまま生かせました。

通常セミオーダーでご依頼を受ける場合はトワル制作は行わないのですが、今回は上記のような事から柄配置の計算が難しく、ざっくりと模様を描いた薄手シーチングで形出しを行うことにしました。

お預かりする着物は常に1着しかありませんので、立体で形出しをする場合には似た質感を持った生地を用いることもあります。

着物でのスタイリングイメージ

必ず着物にも着せてみて、重要なポイントとなる部分のバランス確認をします。
このデザインの場合ギャザー分量が多く、甘くなりすぎる可能性もあったので、立衿で全体を引き締めました。

着物反物を使用しない洋服制作ではここまで”柄先行”でシルエットを決めることは多くないので、これも着物リメイクの醍醐味と言えます。

和遊湘南では、着物がもって生まれたテキスタイルをどう生かすかを重要にとらえますので、今回のように実際に着物を拝見してから詳細を変更していくこともあります。

勿論オーダー頂いたお客様へは都度ご相談させて頂き、ご希望なども加味しながら進行させて頂きます。
例えば共生地で制作した帽子rikyuについて、こちらの第一案では無地部分でお仕立てしようかと考えておりましたが、たってのご希望があり薔薇を差し込ませて頂くことになりました。

帽子制作で使用したのは袖部分の薔薇です。共生地でのセットアップ制作の場合は裁断可能範囲に限りがありますので、すべてのご希望に添えない場合もございます。

ご依頼頂いた部分から大幅に変更が出る場合などは、このように画像を制作して共有させて頂く場合もございます。
大切なお着物なので、できるだけご希望をお伺いしつつ、時間をかけてセッションさせて頂いております。

rikyuについてはコチラ

完成品・部分詳細とディティールについて

こちらが実際の完成品です。柄を綺麗に見せたいこと、生地の柔らかさによる垂れ感を程よく落とし込むためにトワル段階よりギャザー分量を少なくしました。

現代的な黒の蔦模様と薔薇柄の蝶袖ギャザー羽織・共生地帽子rikyu

また、裏地はお客様のご希望により八掛のぼかし部分を使用しているのですが、こちらも円形で裁断する際にグラデーション部分が綺麗に残るように配置しております。

フロント部分はギャザーを留めるという観点と、ディティール形成の為にすべて両面星留めで仕上げました。外周は形状を保つため縫い代部分に数種類の芯を用いています。

着物でのスタイリングイメージ

現代的な黒の蔦模様と薔薇柄の蝶袖ギャザー羽織・共生地帽子rikyu
紫色の帯と合わせてコーディネート

出来上がったアイテムは、スタイリングイメージをおつけして最終確認して頂いております。
お客様ご自身のお着物と合わせて楽しんで頂く様子を思い浮かべつつコーディネートを考えるのは楽しい時間です。

納品後にInstagram等で拝見できることもあり、コメントや画像、レビューなどはいつ見ても嬉しい限りです。

共生地で制作した帽子・rikyu完成品

現代的な黒の蔦模様と薔薇柄の蝶袖ギャザー羽織・共生地帽子rikyu

お客様のイメージをお伺いして制作することができるのも、オーダメイドならではの楽しみだと思います。
今回はイメージどおりとの大変嬉しいお言葉を頂戴致しまして、制作冥利につきます。

販売サイト【展示】

マスクとのセットアップイメージ

現代的な黒の蔦模様と薔薇柄の蝶袖ギャザー羽織・共生地帽子rikyu

このようなご時世ですから、マスクは生活の必需品です。おしゃれをするときにマスクもその一部であることは、今後しばらく受け入れるべき部分だと思いますが、できるだけ楽しんで頂きたい思いから、プレゼントとして端切れ部分で制作させて頂きました。

マスクの縫製はステッチ&ワイヤー入りの現在販売中最新バージョンと同様です。裏地には竹繊維生地を使用、グログランリボンは少し短めの仕上げで、制作させて頂いたアイテムに合わせてリボンカラーを選んでおります。

現代的な黒の蔦模様と薔薇柄の蝶袖ギャザー羽織・共生地帽子rikyu

当記事のアイテムのように、着物のテキスタイルに合わせて詳細を変更しながらセミオーダーメイド制作させて頂くことも可能です。

基本料金プラスご相談ということになりますが、ブログやInstagram等でご紹介アイテムの中で、お仕立てに興味のあるものがございましたら、お見積りさせて頂きますのでぜひ一度お問合せ下さい。
※ご提案させて頂くデザイン内容によって通常より長めに納期を頂く場合があります。

ご依頼受付中

販売中サイト

現代的な黒の蔦模様と薔薇柄の蝶袖ギャザー羽織・共生地帽子rikyu

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる