獅子の名古屋帯から半幅帯への仕立て直しと帯地のrikyuベレー帽/セミオーダーメイドご依頼

獅子半幅帯と帯地のrikyu

セミオーダーメイドのご依頼で獅子の名古屋帯と小豆色の正絹名古屋帯を半幅帯とベレー帽rikyuに仕立て直しました。

目次

お仕立て前の帯について

昭和レトロな獅子の名古屋帯はボタンと獅子がクールな印象です。正絹の小豆色の名古屋帯は光沢が美しい繻子の物で、普段に使いやすいデザインにとのご希望で半幅帯と帽子に決定して頂きました。

帯を使用したリメイクは、解き洗いしてから制作を開始します。帯地は芯によって風合いがかなり変わってきますので、解き洗いして柔らかくなった場合には制作するデザインにあった芯を貼って仕上げます。

半幅帯のリフォームは柄の出方によって微調整が必要です。ほとんどの場合は垂れ先に華やかなデザインを持ってくるように作りますが、図案が大きい場合等、結び方によって絵の出し方が難しい場合があります。

ご自身が普段使っている半幅帯を目安に、欲しい図案の場所の相談をして頂く等の方法でスタイリングしやすい帯に仕立てやすくなります。

自分サイズをイメージして、仕立て上がりの図案位置などをご指定頂くのがオススメです。
リフォーム前の帯のデザインによって変わりますので、詳細はご相談下さい。

襖絵柄モモンガ
黒留袖リメイクのモモンガKIMONO羽織とのスタイリング

rikyuベレーはシンプルなデザインでどんなスタイルにもマッチしやすいので、帯を使用したリフォームにオススメです。

襖絵モモンガ羽織と獅子の半幅帯、帯地のrikyu

使わなくなってしまった帯や着なくなった着物がございましたら、お気軽にご相談下さい。

ご依頼受付中

販売中サイト

獅子半幅帯と帯地のrikyu

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる