ようこそ、いらっしゃいませ。

最近帯地で作ったネックレスが、実用にとても軽くて使いやすいので気を良くして別な形にチャレンジ。今回は、紫の江戸打ち紐と陶器のビーズも使います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

使う柄は松のところ。形を作るのに太いロープとキルト芯もほんの少し。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中芯を丸めて

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トンボ玉風に形作ったものに打ち紐を両端に留めてからレジンをかけますが丸く全体に塗りたいので油粘土を頼りにしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上、下2度に分けて硬化させます。打ち紐にビーズを通しましたが、アクセントで間に結びを入れます。こんな感じの仕上がり。松の緑色は色が変わってしまいましたが、これも面白いかと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ネックレスの留め方は大き目ビーズを受けにして、打ち紐で輪を作ってはめるようにしました。紐ネックレスの場合こんな感じが会うのでは。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は帯地のひと柄をトンボ玉風に作ってネックレスにした作品のご紹介でした。本日もご来店頂き有難うございました。

和遊のつくるひと

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする