絞りの羽織からロングジャケット

ようこそ、いらっしゃいませ。

気温の変化が毎日激しいですね。朝夕は肌寒く感じたりするので、羽織ものが手放せません。今回は羽織を羽織ものに・・とそのままなのですが(笑)

元の姿はこちら
35ebde026e99ba56e8333b8fe7f2d6405b92c1ae-43-2-2-2

今は長羽織を着ることが多く、もうこの短め丈の羽織はあまり出番がありません。すでに解き洗い済みのものをトルソーにかけてみてデザイン決定を・・。これは羽織の袖部分ですが、長さもそのままに前見頃に使います。
9dbf35c9a6524ef1ee56e464cad59f324586a343-43-2-2-2

出来上がりはこんな感じ
67edfbde7cfe17b37f16c37ba3441089858509ab-43-2-2-2

後ろも羽織の時の後ろ身頃を使い、袖は羽織の前身頃を接いで使っています。袖と裾のラインを伸ばしてフレアー感を出し、軽やかイメージにしました。
4e051e2065a65f57f1c4967b62b8a849ef0049b2-43-2-2-2

こうやって使った後は、羽織の衿部分がそっくりそのまま残っています。絞りの羽織は縫い込まれている部分が無地、2m以上あるのでまたそのうちの出番待ちで。
30c866feb5da93124458c73c9d89f6815fc01d0d-43-2-2-2

今日は、絞りの羽織をロングジャケットにしたお話でした。
bad4152c003fa0445c427fe37de92543266e7f6a-43-2-2-2

本日もご来店頂き有難うございました。

和遊のつくるひと

シェアする

4件のフィードバック

  1. 御無沙汰しています。
    絞りの羽織のコート、前回の絽の羽織物、どちらも素敵です。
    後ろ身頃はそのままで大丈夫なのですね。
    裏はどうされているのですか?
    総絞り、豪華ですね。
    着物リメイク、とっても興味が有りますが、ローチさんの作品を沢山拝見してから、行動に移そうと思います。

  2. >わんこ姉さん
    こんにちは(^◇^)
    後ろ身頃そのままの表現はわかりずらかったですね。
    今見直して、字も間違ってたし・・で少し直しました(笑)
    伝えたかったのは羽織の後ろ身頃が、コートの後ろ身頃にも使えるということで、縫ってあるまま使ってはいません。
    ほどいた丈がそのまま使えるということです。
    なので全てほどいて洗い、裏も何かに使えると思うので洗ってアイロンかけしてからストックです。
    絞りの方はアイロンかけしません。(縫い代にはアイロンかけますが)
    着丈や袖丈はそのほどいた状態に合わせて決めます。
    このジャケットは見返しも衿ぐりに2.5cm幅にしてあるだけで、前端は耳を利用しています。絞りは伸びますので1.3cm程折り返した前端部分に伸びどめのテープを貼り付けています。
    羽織の前身頃はほどくと後ろ見頃から続いていますが、細くなっていますので、ここを接いだ幅で袖を作ります。
    ボタンはループがけでカーディガンのような着心地を考えました。
    中々、うまくお伝えできませんが、何にリメイクしたら良いかのご参考にでもなれば嬉しいです。
    今もまた次にほどくものを考えていたところでした(^u^)
    わんこ姉さんの作られているものも、いつも楽しみに拝見しています~♪

  3. ローチ幸さん
    丁寧な説明有難うございます。
    私の作品・・恥ずかしいです。

  4. >わんこ姉さん
    レビューの説明の中でも、いつも材料の扱いなどが丁寧だな~と感じています。
    お友達用の楽譜入れバッグなんて素敵でしたね~(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする