着物をほどいて着物風チュニック

ようこそ、いらっしゃいませ。

何枚もストックのある材料としての着物を、たびたび眺めて何にしようか考える日々です(笑)今日は単衣の着物をほどくことにしました。なかなか渋くて素敵な柄なのですが、かなり古い物、素材は麻のような感じで、全体には傷みがなく状態は良いです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

かけ衿のところからほどきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

生地に戻したところで、優しく洗います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピンと張って干しますが、生乾きの時にアイロンかけ。少し縮んだので伸ばしながらかけます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日はこれで、チュニックのような物を作ることにしました。着物の身頃と袖、かけ衿を使います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

身頃は着物の巾そのままに前2枚、後ろ2枚、袖部分は、着物巾の半分の長さにしています。Vゾーンになるところのみ、接着テープを貼りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前中心は縫うのですが、重ねるようにして着物風の打ち合わせにします。紐はここで縫い付け

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出来上がりっ!トルソーに着せてみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

かなり渋い色合いなので、中には明るめのものを着たほうが良いですね。家で着るのに和の雰囲気があって良いかな?!今日は着物をほどいて着物風チュニック、のご紹介でした。本日もご来店頂き有難うございました。

和遊のつくるひと

シェアする

2件のフィードバック

  1. こんばんは
    とても参考になりました。リメイクの本を見るより素敵です。私は母が作ってくれた着物で一重はないのと、あまり着ていないので生地は綺麗ですが、柄がとっても時代遅れです。小紋などは大丈夫ですが、薄いローズピンクにツタの絵などはまだしつけが付いていて、裏もあるので、じっくり考えて、もったいないことをしないようにしたいと思います。
    又いっぱい紹介して下さい。楽しみにしています。

  2. >わんこ大好き姉さんさん
    いつも見て頂いて有難うございます。私が使っているのは材料用に格安で購入しているものも多いので思い切って使えますが、思い出のある大事なものは本当に考えないと勿体ない!まだしつけ付きの薄いローズピンクにツタの絵の着物というのも想像しました(´▽`*)私も少しずつ考えてみますので、一緒に工夫しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする