紫陽花のかんざし

ようこそ、いらっしゃいませ。

夏場所大一番、白鵬が勝って単独トップとなり、稀勢の里には「あと2日とにかく頑張って!」の声援が飛んでいました。本当にあと2日、食らいついてほしいですね。それにしても白鵬強し・・・!

大相撲を見て思うのは、その所作にもそれぞれ力士の形があって、それを守りつつ戦っていることに美学も感じられること。また土俵には神様がいるとの事で、その象徴のひとつとして、吊り屋根の四隅に垂れ下がる立派な4色の房などにも様式美を感じます。

そんなことにも敬意を払い、今日は房付きのかんざしをご紹介します。
2fce24ed0b3d1b64fc2bdcf679839cb0e85f2613-43-2-2-2

この房は取り外して、表情を変えられるようにしました。紫陽花イメージのかんざしです。
7d4783f160ef719cb7fad851ee2198157bbfdb58-43-2-2-2

今日は、大相撲のお話と紫陽花かんざしのご紹介でした。本日もご来店頂き有難うございました。

和遊のつくるひと

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする