おみやげの楽しみ方

ようこそ、いらっしゃいませ。

旅先で皆さんはどんな物をお土産になさいますか?差し上げる定番品としては食べ物が多いかと思いますが、私は自分用には雑貨が好きです。自分の為の雑貨というとこれまたマニアックかもしれませんが、帯留めになるか?!の目線で見ることも多く、今回の3点について、どんな時の物だったかをご紹介します。

まず一つ目は友人と遊びに行った先のパワーストーン屋さんで見つけた物。サイズ、色共そのまま使える感じでしたので帰ってすぐ帯留め金具を付けて終了!これはアッという間にできます。枯葉色なので秋から冬かけて使うことが多いです。

d4682e64ac4feac423616ead19d262e711fae687-43-2-2-2

次はちょっと変わり種で私にとっては大作です。家族、親戚数人で遊びに行った江の島、お土産屋さんを覗くと貝殻などがあります。物色中、一つの石に目が留まりました。サイズはそれなり、使えるかなぁとしばし考え、購入決定!アンモナイトの化石です(笑)一見ただの石ころですが少し模様が見えます。石自体を自分で研磨したことなど皆無でしたが、包丁の砥石で形をそれなりに整えてみました。
裏になる部分は平らにできました。さぁ、表側です。今考えると自分でも可笑しいのですが真剣に形を整えてこの形いいじゃん!くらいまではやったのですが地味すぎる。まだ、ただの石ころ。やりながら薄々感じてはいたのです。プロに研磨してもらわないとダメかぁ!よく床の間に飾っている石などでピカピカに光っているのがあるから何とかそれくらいに光らせてもらえないかなぁと。そこからはネットで検索、それらしい業者さんを見つけて連絡しました。あちらにすると少し妙なお客さんだったかもしれません。そんな次第で戻ってきたのがこちらです。

8ce4195233d6d682564d9ab2b86d9bee8025197f-43-2-2-2

自分としては大満足です。だってロマンを感じるから。それを買った時の様子や自分の悪戦苦闘が思い出されます。石の研磨は道具と知識がないとダメですね(笑)もう10年以上前のことなので細かいことは忘れましたが研磨代は5千円以上、1万円未満だったように記憶しています。これは渋めの紬に合わせています。

最後は頂き物の話。
長女がイタリア旅行のお土産にベネチアンガラスのピアスをくれました。和テイストな事に驚き感動!ただ着けると少々重かったので大切にそのまましまっておきました。ふとリメイクを思いつき、金具を剥離剤ではがし一方はレジンで上下を楕円に細工して帯留めに。もう一方はそのままの利用で根付に。涼しげな雰囲気になり浴衣の時などに使えそうです。

ec40564bef3d2c12f1a312cd391b2a5e5acf32ea-43-2-2-2

皆さんもオリジナルアクセサリー作りはいかがでしょうか?強力な接着剤や便利グッズが強い味方で沢山あります(^^)という事で本日は、おみやげの楽しみ方についてでした!

本日もご来店頂き有難うございました。

和遊のつくるひと

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする