古い大島から羽織ジャケット作製

ようこそ、いらっしゃいませ。

先日、従妹から頂いた着物類の中にオシャレな羽織がありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

多分、明治生まれの祖母かその妹のものだと思うのですが、晩年に着ていたとしても相当古いものです。柄がとても良いので、今時期の羽織ものに良くなると思い、ほどいて洗いました。残念ながら経年の劣化で縫い目などがかなり弱っています。これは袖部分の縫い目がそのまま透けて見えるところ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小穴などにマスキングテープを貼って目印にします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

弱っているところを除けて裁断。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

羽織からなので、分量的に弱いところを除けながらの裁断はちょっと大変でしたが、今回は特に、一緒に暮らしたことがなくまた遠距離でもあったので、会う機会の少なかった祖母と心で対話しながら、何とか着させて下さいと祈るような気持ちで布を裁ちました。苦労の裁断でしたが、裏衿にハギを入れたりしてなんとか必要量確保。

現代の羽織風ジャケットに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

長き眠りから覚めて、今の世の中をこの古い着物に見せてあげられます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は感慨深い羽織ジャケット作製をご紹介しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本日もご来店頂き有難うございました。

和遊のつくるひと

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする