デザイン性のある留め具と帯地でハンドバッグ作製

ようこそ、いらっしゃいませ。

以前お太鼓部分を使ったショルダーバッグを作製しましたが、今回は残りの胴部分を使います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ほどいて洗ってから使用

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏には花柄の着物地を使います。固めの芯を表裏ともに貼りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

表裏を別々に作って

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フタの所で中表に合わせて縫います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フタを表に返して

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次に袋を返して入れ口を表から縫うと袋部分は出来上がり。今回はデザイン性のある留め具を使いました。糸で止められるタイプです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ストックしていた既成の皮持ち手が、短いものしかなかったのですが、2本つなぐと程よい長さになるので利用しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏側

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日はデザイン性のある留め具を活かした、帯地利用のハンドバッグをご紹介しました。本日もご来店頂き有難うございました。

和遊のつくるひと

シェアする

2件のフィードバック

  1. おはようございます(^-^)昨日は暑かったですね。一雨降ってもらうと。ゲリラ豪雨になるし。お空も気分屋さんなので困ります(笑)。買い物するとスーパーの袋や仕事中は昼食後に。デスクの上にコンビニのアイスが袋からコロリと転がる季節になりました。ハーゲンダッツの小さいのじゃ追いつかないし。スーパーカップは不味いし。レディーボーデンが一番頃合いいいのですが。タカラブネとか店じまいするのでかなわないです( ^∀^)

  2. >財富さん
    アイスの順位づけ共感できます(*^-^*)
    わが家の近所にもあったタカラブネという名前のお菓子屋さんは何年も前からなくなっています。同じ系列なのかしらと思いました(*´▽`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする