蜘蛛柄レースをあしらった、がま口ポーチ作製

ようこそ、いらっしゃいませ。

実物のクモを見るとあまり良い気持ちはしないのですが、縁起物として悪くもないのもクモです。和柄にもありますし、蜘蛛の巣も幸せをかき集めるなど言われます。デザインとしてもクールな感じでオシャレかと。以前から持っていたレースを久しぶりに出してみてポーチにあしらおうと思いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏帯の透け感がこのレースに合うと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

帯芯をそのまま利用すると、ほかの芯は無しでOK.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

組み立てる前に、手作りチャームも準備します。ベルベットのリボンをフリンジに。好きな分量のリボンの頭を糸で括って、ベル型パーツに接着剤で留めます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リボンの端はほどけない様に、布地のほつれ留め「ピケ」を塗りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鎖を付けて準備オッケー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ポーチはこんな感じの仕上がりです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中も黒にして、フリンジもこのポーチに合っていると思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は蜘蛛の巣柄のレースをメインに、ポーチを考えてみました。本日もご来店頂き有難うございました。

シェアする

2件のフィードバック

  1. おはようございます(^-^)蜘蛛のレースって珍しいです。水色は暑い夏を少しでも涼しく。爽やかな感じです。蜘蛛さんがお金を巣に呼び込んで。ガマちゃんにパクりとしてください←ジョークです(笑)。夜は熱帯夜が少し柔らかくなったようです。もうすぐ食欲の秋です。松茸釜飯より山菜釜飯の方が美味しいと感じる今日この頃です。まだアイスが美味しい季節です(;・∀・)通勤もアイス食べたい日照りかな

  2. >財富さん
    季節がやっと変わってきた感じ、爽やかな秋まではもう少しかかるでしょうが、峠は越しましたね。釜飯も良いですね~(*^^*)

ローチ幸 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする