刺繍羽織リメイク/蝶袖羽織カーディガン(白花籠)/セミオーダーメイドご依頼

花籠の蝶袖着物羽織
蝶袖羽織カーディガン(白花籠)

ご依頼希望

蝶袖羽織カーディガンは着る機会が少なくなった”羽織”を着物、洋服どちらにも使える形に仕立てたアイテムです。羽織は長着に比べて反物の分量が少ないので、柄を適応配置しながらデザインするには自由度が少ないものです。

そういったことからも羽織からどのようなデザインが生み出せるのかいくつか挑戦している中で、今回ご依頼頂いた羽織の『花籠柄』から蝶を連想し、生まれた形です。

関連デザインはこちら

目次

着物データ

花籠の蝶袖着物羽織
花籠の友禅染羽織

【年代】詳細時期不明
【裏地】正絹:白
【デザイン】友禅に一部刺繍・花束と花籠
【印象】キュート
【家紋】なし

この羽織はお持ち込み頂いたご依頼品です。クリーム色の下地に様々な色で花が描かれ、ところどころ金糸、色糸で刺繍が施された可愛らしさ満開の図柄です。

洋服の生地でもお目にかかれないほどの華やかさは着物ならではです。

白地の着物は特にアクやシミが目立ちやすいですが、大きな汚れもなく問題なくリメイクに耐える状態でした。
生地のダメージ確認ポイントとして、刺繍(特に金駒)部分をよく見る必要があります。

古い着物の金駒刺繍は一部外れている場合が多く、そういったものはお仕立てに向きません。

柄詳細

着用スタイル

フロントからサイドにかけて正円に近いくらいの円形を書き、袖の丸いシルエットと合わせてモンシロチョウの小さな羽をイメージして作図しました。

洋服にも着られますが、”着物に着られること”が前提ですので、襟の抜き部分、帯がしっかりと隠れるようにという2点は特に気をつけています。

丸い袖には着物着用の際に袖をつぶしすぎないようにする要素も含まれています。

フロント・裏地詳細

華やかな生地にあわせて光沢のあるボタンをチョイスしました。

花籠の蝶袖着物羽織
裏地には新反物を使用いたします。

ご依頼受付中です

販売中サイト

友禅染の蝶袖カーディガン

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる