数えきれないお雛様と、幸せなひと時

ようこそ、いらっしゃいませ。

今日は2月21日から始まった、「瀬戸屋敷ひなまつり」のお話です。所は足柄上郡の開成町。お雛様を沢山展示している事は数年前から聞いていたのですが、
念願かなって、やっと今日行ってきました。

入り口(友人Kさん)
入り口(友人Kさん)
茅葺の立派な建物
茅葺の立派な建物

瀬戸屋敷は300年前の大地主の古民家。10年ほど前に町に寄贈された由緒ある建物です。寄贈されてからは一旦解体し、使える建材を使用して復元され、今では色々な行事が行われる場所になっているそうです。

茅葺のたたずまいや板張り廊下の黒光りが映え、当時はお米が600俵も入れられていたという土蔵やお座敷が、この時期はお雛様のステージです。入り口すぐの所から、所狭しと並べられているお雛様たちのお顔は、どの子も主役で、晴れがましく映ります。

Seto mansion

81161f06f88271eabd6ba2bf2c2e5ba80e2fcb80-43-2-2-2

61dcc376d0c0b1de436b1a271b31f7729e3eb5ae-43-2-2-2

6576459fa57c68aec139750dd0e7b7588cc968f0-43-2-2-2

開成町の婦人会の方たちが笑顔で迎えて下さり、とても親切に説明をして下さいます。飾られているものは、屋敷の地主様の古いお雛様や、武田信玄の孫の持ち物だったもの、ほかにも寄贈されたものや婦人会の方たちの手作りなど、その数7,000以上との事。その年によって、各グループがテーマを決めて新しく作られているものもあります。

地主の享保雛
地主の享保雛
武田信玄の孫のもの
武田信玄の孫のもの

7afde3fe045794427b95800eb0cc81fdce1b93f4-43-2-2-2

婦人会の作品、巾着を開くとお雛様の花が咲くものと箱雛
婦人会の作品、巾着を開くとお雛様の花が咲くものと箱雛

中でも今年、初お目見えの大作は、婦人会メンバー全員で共同制作の「大つるし雛」何と、輪の直径は1.5m、吊るした長さは2.4mの物が2台。2年がかりだそうです。お部屋にいた方に「何個付いてるんですか?」と尋ねると、「さぁ?外枠には縦に13個、内側は11個付いてるのよ。」と教えられ思わず内、外本数を数えて掛け算「え~、470個だぁ!」と声をあげました。これが2台ですから、約1,000個ほどの凄い迫力です。メンバーは100名ほどとの事、これが掛けられたときは皆さんも感無量だったでしょうね。

大つるし雛
大つるし雛

fcd0216d5b27f5723dde01e485785bbdf2010515-43-2-2-2

土蔵2階から見おろしたところ
fb26b26cacc45a04d8a92691b68e6ef0a158ef48-43-2-2-2

2階には古い婚礼衣装も飾られています
cf444bfbfcd724221d99a6ac9da51f4e0247df3d-43-2-2-2

赤に染まったお屋敷の、濃厚な雰囲気に魅了された幸せなひと時でした。

回廊脇に、竹がぐるりと巡らされ、そこにもお雛様たちがいます
580e35cbc444f6a6050c475055f1244f04bd0276-43-2-2-2

おすまし顔ですね
aa270a3896709878fc13f0a46d5f13ef8d50ef4b-43-2-2-2

回廊の先の休憩スペースでお茶をご馳走になったり、各部屋で説明をして下さった皆様有難うございました。

休憩スペースにて(ローチ)
休憩スペースにて(ローチ)

入り口すぐの所では手作り品を売っているコーナーがあり、その方とも手作り話に花が咲きました。

売店
26e08d7845cf39f9a37145234964bc517fff753d-43-2-2-2

展示の市松人形はその方の作品
25fc60a7b5dfee19a9412b1756a9548e37970448-43-2-2-2

癒されるお顔は、ご本人の笑顔のようでした。

また何回も足を運びたい場所です。ちなみに入園料は300円なり。今回売店コナーで購入できた物はコチラ。

衣桁に掛かったミニ着物と、つるし飾り
衣桁に掛かったミニ着物と、つるし飾り
鶯色紬着物、桜鼠色縮緬に花手描き染の帯
鶯色紬着物、桜鼠色縮緬に花手描き染の帯

我が家のお雛様と一緒に飾ります。「あ~しあわせ!」本日、このスタイルでの、お出かけでした。

1b0ca08cd2c34a2c93efee4dc7fe60323fb93f9f-43-2-2-2

今日は、[瀬戸屋敷のお雛様]のお話でした。3月15日まで開催されていますので、皆さんも足を運ばれてはいかがですか?本日もご来店頂き有難うございました。

和遊のつくるひと

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする