茶金石のコーム作成

ようこそ、いらっしゃいませ。

材料屋さんで石を見ていて、落ち着いたキラリ感がきれいなので購入した茶金石(ゴールドストーン)本来は石ではなくガラスですが、パワーストーンとして扱われていることが多いです。
cf164fa8496fef0acece4734f5a2318636f24a48-43-2-2-2

もともとはイタリアのガラス工房で、溶融したガラス材料に銅の鍋を誤って落としてしまったところ、その出来が偶然の産物として良かったことから製品になったと伝えられているそうです。

パワーストーンとしての意味は、新しい人や出来事と出会っても平常心で落ち着いて対応できるようになる。浮ついた気持ちを安定させて様々なところでチャンスを与えてくれる。茶色のゴールドストーンは、金運アップの意味を含み、持ち主の努力が実って前に進む時に必要なパワーを与えてくれる。などと書いてありました。アクセサリーで着けるにしても、良い意味合いがあるのは嬉しいことです。

これをシックに、アンティークカラーのワイヤーで、蔦に絡むような雰囲気で包みました。
18d53c5b2f8ca2d5254a0da244a27050ab492293-43-2-2-2

長めのコームに取り付けて、グッとクラシカルな雰囲気に・・。
0484960d85c7b92d05e35c7dc9bb6186cbbba389-43-2-2-2

いい感じだと思います。自画自賛(笑)

今日は茶金石でクラシカルな雰囲気のコームを作成したお話でした。
032546457cbabb465c8827ddb4634d25f2548a61-43-2-2-2

本日もご来店頂き有難うございました。

和遊のつくるひと

シェアする

2件のフィードバック

  1. ローチ様
    材料屋さんでご覧になるのですね。ふむふむ。
    そうですよね、仕入れないとね。
    またまた新発見、茶金石ですか。
    これが……………ガラス、なんですか?
    画像をいっくら食い入るように見ても、いつも実物が素敵なんですから。
    このコームも、きっと実物、綺麗な石なんでしょうと思います。
    これも、いろんな年代の方いいですよね!
    ローチ様、次々、本当に素晴らしいです。
    今日も、どうもありがとうございました。(^^)

  2. >ピーコさん
    天然の石ではなく人工石ということですね。
    でもゴールドストーンという名前なのですから、それも良しです。
    一見、石だけみると地味目かもですが、組み合わせ方で良くなるかと。
    画像で白くポツポツと見えているところが実際にはキラキラのところです。
    このコームに使ったのは4mmというサイズのもの、あの花びらに使ったサイズと同じ、これも本当に年代問わず・・だと思います。
    感想を頂けると情報追加できますね。
    良かった♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする