レジンパーツで時計とお揃いのネックレス

ようこそ、いらっしゃいませ。

昨日と同様に大きい鎖をバラし、レジンの枠にして帯地の切り抜きを入れたパーツを作りました。動きのあるネックレスを作ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バランスをみて、9ピンを短くカットしたものをパーツに埋め込みます。接着はレジンを少し付けて硬化。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

極小の丸カンを使ってつなげました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鎖を付けて出来上がり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

留め具はマンテル

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨日作製のアクセサリーウォッチとセットになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日はレジンパーツで作った動きのあるネックレスをご紹介しました。本日もご来店頂き有難うございました。

和遊のつくるひと

シェアする

2件のフィードバック

  1. こんばんわ(^-^)今回のネックレスは新しい樹液の琥珀に見えて。結構値がはりそうに見えました。ローチ幸様そうなんです。無理して頑張り過ぎてしまうタイプなんで。仕事も趣味もいい線まで上がるのですが。それまで仲の良かった人から誘われなくなったり。楽しんでいたことまで苦痛になっている自分がそこにいて。数字数字って思っていたのが。気が抜けるともう駄目になってしまいました。なので仕事にしろ趣味にしろこの一線だけは誰にも譲れないというものもあるのも事実ですが。自分の楽しみは失わないように数字に追われたくないような考え方になりましたC=C=\(;・_・)/ノルマ(涙)

  2. >財富さん
    数字には、見えないものを可視化する働きがありますね。
    仕事の世界の順位付けは厳しい物がありますが、趣味の中では自分の楽しみを後押ししてくれるものでもあったり。
    財富さんの予想などはまさしく数字そのものなのでは?数字とはうまく付き合いたいですね~(≧▽≦)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする