着物リメイク/和洋折衷の黒留袖マント(竹垣)発売

黒留袖マントケープ(裏付)竹垣
黒留袖マントケープ(裏付)竹垣

大き目フードがポイントの新しい着物リメイクデザインが完成しました。
長着全般、振袖、黒留袖などから制作できる和洋兼用のユニセックスなマントです。アイテムの特徴とデザインポイントを記述します。

目次

おすすめの着物について

黒留袖マントケープ(裏付)竹垣
竹垣文の黒留袖

マントケープタイプは長着全般から制作可能ですが、黒留袖は柄物の着物やカジュアルな着物とも相性がよく、比較的スタイリングしやすいのでオススメです。着物だけでなくモノトーンスタイルの洋服にも合うデザインとなっています。

前回の試作から、マントケープは首ぐりから肩周りをしっかりと詰めてあげないと着心地の悪いものになることが分かりました。よりしっかりと身体を包み込む実用的なデザインにしたかったので、このデザインでは前身頃の打ち合わせを深く設計しています。

これにより、フードの立ち上がりもしっかりと出て、すっきりとしたユニセックス感がでました。

ポイント①機能性を考えてプラスティックボタンを採用しています

雰囲気が良いので、共生地でくるみボタンをつけることもあるのですが、アウターは脱ぎ着する回数が多いので、すべりがよく耐久性のあるプラスティックタイプのボタンを採用しました。

この画像のマネキンサイズは一般的な9AR(一般的な日本人の成人女性の寸法)で、158cm程度を目安に考えて頂ければと思います。この長さより短くすることはできますが、着丈はこれが最大です。

あまり丈を短くしてしまうと捨てる柄が増えてしまい、このデザインではお着物が生きてこない可能性があります。
黒留袖の場合は両サイドに家紋が入りますが、家紋の配置場所については反物の幅や、絵柄によって変わる可能性があり今のところ断定できません。

フード付きの場合は反物のほとんど全てを使い切って制作することになります。

フリーサイズ9~13号程度のお作りです。ユニセックスなデザインなので、ぜひ男性にもお召し頂きたいのですが、肩幅や体格の違いがあるので男性用については今後取り組みたい課題です。

着用イメージ

フードをかぶらないスタイル

縫い目利用の手出し口が2つあります。ロンググローブと合わせてスタイリングして頂くのもオススメです。

黒留袖マントケープ(裏付)竹垣
フロントの重なり部分

フロントの重なり部分に衽の柄が配置されます。
裏布に富士絹シャンブレーを取り寄せて制作しますので、オーダーメイドで制作する場合は希望のお色をご指定頂けます。

無難な黒だけでなく、表の図案に多く配色されている色や、レトロな感じを狙って赤色などを配色するのもかっこよく仕上がるのではないかと思います。

フードはたっぷりと。”大きさ”にこだわって形出しをしました。

ゆるやかにドレープが入ります

黒留袖マントケープ(裏付)竹垣

フード無しのデザインについても制作可能です。
首ぐりのデザインアレンジについては今後も複数試作、制作予定です。

撮影に使用したスタイリング

販売中サイト

黒留袖マントケープ(裏付)竹垣

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる