ようこそ、いらっしゃいませ。

カシミアの生地で、着物にも洋服にも使えるポンチョ風コートをというご相談から・・。

遠方の方なのでまずはこんな感じ?とローチが下手な絵をメールで送って

「そうそう」というところから。

話を詰めていくと、いくつかのご希望がおありです。この用尺でそれが全部かなうかが一番気になるところ、W幅(146cm)で長さは約250cmの一般的なコート分。裄も着丈も長め(K様168cmの身長)にとフード付きがご希望です。

ケープやマントとなるとドレープ感も一番押さえたい要素。よって今回はK様のご希望要素は取り入れつつ、こんな形もありますよのご提案用としてまずは普通の長めマントを作ってみてトワルチェックでお見せしてみました。

でもこの形はやはり違うということで、欲しい形がはっきりしてきたところで再度製図を引き、これでまたトワルチェック、ここからはトルソーに着物を着せて全体確認

どうもまだ衿ぐりがしっくりきません。脇のラインも肩線で後ろに引っ張られてしまいます。

衿のラインを前後とも、もっとくるようにしました。

そして、その分フードも大きく

再確認、オッ良さそう♪

なので実際にローチがモデルになってみました。(身長差4cm程なので、だいたい雰囲気が掴めるかと)

これをお送りして仮縫いして頂こうかとも思いましたが画像でオッケーを頂いたので本縫いにかかりました。

やはり洋服用と着物用では衿の加減が違いますから、どちらにも行けそうなラインを探しつつ・・、でフードも随分大きくなりましたがおかげで雰囲気が良くなったようです。

いざ裁断・・製図の段階で、この寸法なら足りるというほぼ最大値の裾幅で作っているのですがフードも大きくなってきたので、ここからまたパズルのように製図を置いて確認。裁断は1枚づつ。ちなみにカシミアには毛流れがありますので逆毛の一方方向で使用。

本縫いでは型崩れをしないように芯貼り重要

裏地には個性的な般若と美人画の襦袢地をお預かりしています。他で使った残りとのことですが、これも般若だけでは生地が足りないので袖口側に美人画を使います。襦袢としても高級な絹地、贅沢ですね~。

縫い合わせていくと作業テーブルの上では間に合わなくなってきたので床に広げて確認、裾周り4mくらいあります。

カシミアの縫製は最初から最後まで気の抜けないものです。アイロンを充てる時も細心の注意、毛をつぶして光らせてしまっては大変、裏からかける時も当て布をして、なおかつ浮かせながら。アイロンの重さも直接布にあたえません。よって手始末部分も多くなります。

こうしてできあがったのがこちらです。

袖口は両側にボタンホールを開けて鼓ボタンの形にしたので別のものでアクセントにすることもできますよ。

北国にお住まいなのでフードは是非にのご希望でした。

お届けしたところお気に召したとのお言葉を頂けたのでほんとに良かった~♪

こだわりを持って着たいように工夫するって最高!一緒に考えさせて頂くのはとっても楽しいです。どなたさまもローチにお声かけくださいませ~。

本日もご来店頂き有難うございました。

ブログランキング参加中です
応援ポチ感謝!ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックで他の方の着物ブログも見ることができます

ハンドメイド通販creemaへ

Pocket
LINEで送る

コメントを残す