ようこそ、いらっしゃいませ。

今回使用したのは、紬の短め道行きコートと道中着、それに喪服です。

ご希望はロングベストにガウチョタイプのパンツと喪服からはフルレングスのワイドパンツ。

コートはお母様から譲られて長くたっているお品の様です。

ほどいている時と洗っている時には布がリメイク素材として今後も耐えるものどうかを確認しながら作業しています。

経年劣化が進んでいてピリッと裂けるものなどもあるためお客様にお預かりしたものは細心の注意を払いながら・・。

ローチがいつも洗いに使っているのはこの製品、サンワードのハイベックとその仕上げ材。

ハイベックを使用する理由は洗う時間とすすぎの時間が短くて済む点、ドライクリーニング溶剤も配合されているので水につけてしっかり洗いながらも、すすぎが短くて済むのは生地へのダメージが少ないと思っています。

さて出来上がりはこちら、ご本人様お好みのデザインをお聞きしてのこだわりの形。衿からの見返しに黒地を使い、ポケットもマチを黒にしたふんわりタイプ。

後にも飾りベルトを

黒パンツは用尺の関係でハギを入れましたが、ひざ下脇側に家紋を置いてリメイクポイントに。

縞のセットは単衣ですが黒ワイドパンツは総裏仕立て。そこには喪服の胴裏を使いましたので薄い絹が二重となり、さらりとはきやすいものになっています。

想い出のお品がこうやってまた着られるものとなり嬉しい限りです。

何をどのようにしたら良いかとお考えで、ご自分自身でチャレンジしてみたい方もご相談にのりますよ、お声かけ下さいませ。

オマケの話・・。道中着についていた飾りの組紐を今回ネックレスに利用。汚れがありましたので洗ってから

天然石と裏には透かしパーツもつけてこのセットアップに合うアクセサリーを作りました。

本来そのままお返ししても良い紐でしたが、ついローチの再利用癖で考えついたものです(笑)

本日もご来店頂き有難うございました。

ブログランキング参加中です
応援ポチ感謝!ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックで他の方の着物ブログも見ることができます

ハンドメイド通販creemaへ

Pocket
LINEで送る

コメントを残す