ようこそ、いらっしゃいませ。

着物を仕立てて残るほんの少しの端切れ利用をご紹介します。
それでとても簡単に和の雰囲気が楽しめますよ。

端切れを引っ張りだしてみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

準備は額と、額に入れるマットです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

考えたのは、こういう事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

絵は雰囲気で良いのですが、今日のポイントはマットを切る事!
これが中々手ごわいです。厚さ2~3ミりあり、硬いので要注意!
何度も同じ線を切る感じです。
ケント紙などだとやりやすいと思いますが、あえてのチャレンジです。
一応重厚感の為(笑)

やっと切れたらあとは簡単!
こちら切り取ったあとです。次回何かに使えそう、戦利品の雰囲気あり(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここからが楽しいところ。あれこれ生地を枠にはめてみて好きな柄を出します。
黒地の紬に決めましたが、これではちょっと淋しいので

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下に柄を縫い足しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もう一つはそのままで雰囲気がある小紋を使います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2つ並べて

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

以前作ったミニ帯の額と飾ればちょっとしたアートギャラリー空間!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は、とっても簡単に和の雰囲気を作れる着物額のご紹介でした。
裏は粘着の弱いテープで留めただけなので、柄に飽きたら交換可能!
本日もご来店頂き有難うございました。

↓↓ランキング登録しました↓↓
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
クリックで他の方の着物ブログも見ることができます

↓↓着付けに興味のある方はこちら↓↓

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す