ようこそ、いらっしゃいませ。

長年手つかずだった端切れも何とか形にしようと見ていると、
ふとアイデアが浮かぶことがあります。
少しづつしかない帯の端切れを組み合わせることにしました。
最初は簡単にトートバッグにしようと思ったのですが、蓋があった方がいいなと思い、
正式なバッグの作り方は知らないものの、できる程度でと始めました。

いつもの通りイメージと作りたい寸法を決め、裏地も付けるので裁断。
準備OK、持ち手もありもので。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

芯はかなり厚い物を使います。帯地をつないでから

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

芯貼り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏地を先に袋状にしておき、蓋のファスナーも付けておきます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

持ち手もマチを付ける前に

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マチ部分を縫って、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

底用芯を入れました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後に裏地を入れて、口の所でまつりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雰囲気は良いと思うのですが、マチの端は今一つ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

蓋付きは、もう少し気を付けないとだめだなぁ!
日々勉強です。

今日は端切れも工夫次第の帯地バッグのご紹介でした。
本日もご来店頂き有難うございました。

↓↓ランキング登録しました↓↓
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
クリックで他の方の着物ブログも見ることができます

↓↓着付けに興味のある方はこちら↓↓

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す