ようこそ、いらっしゃいませ。

私が40代で着物を普段に着たいなと思った頃、
着物収集家の池田重子さんの特集記事を着物雑誌でよく見かけ、憧れたものです。

池田重子さんは一万点以上にも及ぶ和装品を収集されており、
時代布池田というお店をやっていらっしゃいます。

昔きものをおしゃれにコーディネートして、現代に着る提案をされていたり、
またそのコレクションは、主に明治から大正、昭和初期までの、
着物文化が黄金時代を迎えた時期に作られた着物や帯、帯留、半衿など、
芸術品的なものも数多くあります。

数日前に池田さんの訃報に触れ、感慨ひとしおでした。

ちょうど最近札幌で、池田コレクションの展示があり、
姉が見たそうですが、特に帯留め類の素晴らしさは、
もうこんなものは作られないだろうなと思われる、
技巧的にも素晴らしいものばかり、溜息ものだったそうです。

10月13日に89歳でのご永眠、改めてご冥福をお祈りします。

さてそんなことを思いながら作った帯留め2点。
かつての職人さん達の凄技とはまるで違っても、それなりに楽しく使えます。

最近手に入れた貝パーツを使って、
抽象花
1c775f3976ff26f7c94b314d0b3c8ee2e4462bf1-43-2-2-2


91131734e996c61c24c0a62326a88b364e039459-43-2-2-2

今日は着物収集家の池田重子さんを忍びながら、帯留めを作ったお話でした。
本日もご来店頂き有難うございました。

ブログランキング参加中です四つ葉
応援ポチ感謝!ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックで他の方の着物ブログも見ることができますきらきら

着付けに興味のある方はこちら

札幌・出張・個人着付け教室美風庵メールする

Pocket
LINEで送る

“着物収集家の池田重子さんを偲んで” への2件のフィードバック

  1. 螺鈿細工の様ですね。手作りなんて凄いです。
    前の記事の、三日月の淡水パール、珍しいですね。
    真珠がとっても好きです。
    10年くらい前に、上野で真珠の展覧会が有って、雪が残っていましたが行ってきました。昔の物で素晴らしい物が沢山有りました。

  2. >わんこ姉さん
    そうなんですよ。この材料を見た時、即買いでした。
    淡水って色んな形ができるから、この形を選別してくれてるとはという感じでした。
    私もパール系好きです♪
    真珠の展示会、それも昔のものをご覧になったとは、いいですね~。

コメントを残す