ようこそ、いらっしゃいませ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5/29~6/28まで目黒雅叙園百段階段にて開催の
神の手・ニッポン展
「人間技とは思えない神の手を持つ日本人作家、6人の合同展」
を見てきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

目黒雅叙園自体、昭和の竜宮城と言われた場所で
建物内に入るとすぐ壁や天井、お手洗いに至るまでどこもかしこも
素敵な装飾で彩られた場所で大好きな所なのですが

廊下壁面一部

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お手洗い入り口

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

百段階段に行くエレベーターの装飾も煌びやか、螺鈿細工です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エレベーター内壁

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エレベーター内側扉

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

百段階段は初めてです。
展示は撮影禁止なので階段だけで失礼。
階段には1から数字が入ってます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下から見たところ。上にのぼる途中にお部屋が配置されていますが、
地形の都合でこのような作りになったそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昭和初期に建てられて昭和63年まで実際に使われてきたという、
柱、長押、障子などの装飾に贅を尽くした豪勢な7つのお部屋のうち
6部屋を使用しての有名クリエイターの展示です。

それらの作品を靴を脱いで畳のお部屋で間近で見られるのは
美術館での鑑賞とは全く違う雰囲気です。

以下アーティスト、作品画像はパンフレットより

展示の順に、
太田隆司さんはペーパーアートで昭和の時代の自動車のある風景や、
花嫁の嫁ぐ情景などをリアルに表現、模型とはまた違う温かみと繊細さを感じる作品の数々。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

金谷美穂さんはビーズ織での着物や屏風、扇子、巻物等々気の遠くなる作業量と繊細さの物たち。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

島木英文さんはミニチュアハウスアート。
実際にある建物を元建築士の感性で作りこんでおられ、覗き込むとその中に引き込まれる
感覚になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

SouMaさんは立体切り絵アート、糸のように細い線を切り出し、それが1枚の紙の中で
行われている表現での王冠、腕時計、女性像等々紙がまるでレース糸のように扱われています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

HIROKOさんはポップアップアート。折りたたむことのできる紙での繊細な樹木や
メリーゴーランド、ジェットコースターなど、どうしてこれが1枚のカードの中に
閉じ込められるのか驚嘆するばかり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山田卓司さんはジオラマアート、息遣いを感じる人形たちの表情にくぎ付けになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

太田さんと山田さんは以前放映されていた
テレビ東京の番組「TVチャンピオン」での各部門での優勝経験者。

これらを間近に見て、各人の創作に係わる探求心や真摯さ、何より唯一無二であることに
感動します。この展示の会場となっている各部屋の天井や欄干に施されている芸術と共に
堪能と驚愕を覚えたひと時でした。

本日は目黒雅叙園、百段階段にて開催の神の手・ニッポン展をご紹介しました。
階段の数字は99まででした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あと1段はこの上にある7つ目のお部屋。
ここには雅叙園の歴史である古いパンフレットや広告、
明治天皇由来の物などが展示されていました。

雅叙園のお庭に滝が勢いよく落ちて

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

白いアジサイも清々しく

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本日もご来店頂き有難うございました。

↓↓ランキング登録しました↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックで他の方の着物ブログも見ることができます

↓↓着付けに興味のある方はこちら↓↓

Pocket
LINEで送る

“目黒雅叙園にて開催中「神の手・ニッポン展」鑑賞” への6件のコメント

  1. わざわざ、ブログ訪問いただき、お祝いメッセージありがとうございました。羽子板の件でレビューにも名前添えして頂きますます恐縮です。
    いつも、凄い勢いでステキにリメイクされるので、その発想と統一されたおしゃれ感に圧倒されて、覗き見していました。
    そして、行かれるところも、オシャレで、こうやって、感性を磨かれるのだなぁ~と・・・羨ましい限りです。
     わぁ~、すごっの他、言葉がみあたらなくて、
     そして、羽子板、まねしたいなと、思ってしまいました。
    押絵はしたことがあるので、なんとかなるかなと思っています。
     メッセージ、感激しました。本当にありがとうございました。

  2. >可愛い花さん
    お忙しい中、わざわざブログまで来て頂き恐縮です。
    レビューではお嬢さんの体調はわかったものの、その後どうされたかなぁと思ってブログを拝見したらなんと玉のようなベイビーが(*^▽^*)♪
    思わず嬉しくて書かせて頂きました。
    私は定年後の自由で、やっと色々好きにやれるようになりました。テーマを和と決めたのでネタ探しに楽しく奮闘中、といったところです(笑)
    花さんのお庭の素晴らしさはまさに「咲き誇る庭園」ですね。ブログ内の語らいは開かれた庭園に集う皆様方といったところでしょうか(*^-^*)優しい花さんのお人柄のもとに集う皆様ですね。
    いつもは伺えておらず、恐縮です<m(__)m>
    羽子板の方はそのころの飾りものの土台として何か考えようと思っているだけで、生地を貼るだけかも知れませんよ(≧▽≦)押絵は自分ではやったことないのでそのような本格的な物にはまったくならない事をここで白状しておきます(^^;)
    お針好き同士、これからも宜しくお願いします(*^-^*)♪

  3. こんばんは。百段階段素敵なのよねぇ。中の部屋はもっと素敵。それぞれの部屋の名前もいいですね。私は秋に開く仮屋崎省吾さんのお花の展示を見に行った時に見ましたよ。思い出しちゃいました。ありがとうございます。

  4. >るるっこるーリーさん
    あのお部屋ならお花も素敵に映えるんでしょうね~(*^^*)
    来月7/3から開催される「和のあかり展」の時には撮影OKらしいので是非また行こうと思っています。
    コメント嬉しいです。有難うございます(*^▽^*)

  5. こんばんわ(^-^)昭和生まれも平成生まれにとって。やがて大正とか明治とか。言われる日がもう来ているんですね。色んな場所で視野を広めることは感性が豊になると思います。最後の滝と花がNice(o≧▽゜)oです。

  6. >財富さん
    昭和レトロという言葉が言われるようになって久しいですからね、昭和は遠くなりにけりです。今の時代にも何とか付いていきたいものです(≧▽≦)

コメントを残す