ようこそ、いらっしゃいませ。

熱海のMOA美術館で開催中の浮世絵展も7/22まで。
梅雨の晴れ間に出かけようと待っていたら、いきなりの猛暑!
まだ梅雨明け宣言は出ていないはずですが・・・というところで、
湘南海岸を抜けて熱海まで。

途中止まって海岸線を撮影
右に半島が見え

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

眼の前も真っ青

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

MOA美術館はその建物のみならず周りに配された建築が素晴らしく、
1日たっぷり遊べます。

美術館建物上から海を臨むと初島への船の軌跡が鮮やかです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヘンリー・ムアの「王と王妃像」があるムア広場から美術館を見て

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ムア広場横の芝生からの眺め

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

真っ青な空と海が同化していますが、木陰から見える初島に空との境目を感じ、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

熱海市街も一望のもと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あらためて建物下側の入り口からご案内します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地下部分にあたる入り口からの長~いエスカレーターをどんどん乗り継いで美術館へ、
トンネル式のエスカレーター脇は神秘的な感じを受ける照明です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本館への途中にある円形ホール、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

所蔵企画展 「江戸の華、肉筆浮世絵―師宣・春章・歌麿・北斎―」展示室入り口

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

江戸時代の巨匠たちの精緻な筆を堪能した後にはまだまだ館内に見どころが。

●秀吉の黄金の茶室(復元)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お道具をアップで!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●館内には能楽堂も

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本館から少し離れて
●水晶堂
誰もいない円形の建物内から見る風景はまた格別です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

茶の庭への入り口、
●唐門

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●光琳屋敷
尾形光琳が自ら描いた図面と大工の仕様帳などが残っていた為、再現できたものです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

屋敷の周りを歩けます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

抹茶処「一白庵」前庭

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一白庵入り口

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

店内

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

干菓子麦らく

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

生菓子山月

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここからのお庭の眺めもまた格別

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

抹茶処の外に配置された由緒ある門
●片桐門(豊臣家の重臣、片桐且元が馬に乗ったまま出入りしたという本物の門)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とにかくどこを見ても満足のお庭です。

茶の庭に来る途中で鳥や蝶も見つけました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は熱海のMOA美術館をご案内しました。
季節の違う時に何度でも訪れたい場所です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

浮世絵展パンフレット

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

絵葉書
左、細田栄之。右、葛飾北斎

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本日もご来店頂き有難うございました。

ブログランキング参加中です四つ葉
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックで他の方の着物ブログも見ることができますきらきら

着付けに興味のある方はこちら

札幌・出張・個人着付け教室美風庵メールする

Pocket
LINEで送る

“熱海までドライブ、MOA美術館へ” への2件のコメント

  1. こんばんわ(^-^)熱海の海岸線綺麗です。歌麿と北斎ですね。北斎は浮世絵の他にも抽象画的な絵が面白いです。煎茶と生菓子で一服風流です。大阪は台風大したことなかったです。そうなんです。和歌山が台風の防波堤になっているお陰で。和歌山の瞬間最大風速-20mが大阪の瞬間最大風速がわたしの個人的な大体の目安なんです。

  2. >財富さん
    今回甚大な被害を被った地域もあり、自然の驚異を感じます。私達も常に自然と共にあることを肝に銘じていなければなりませんね(-_-)

コメントを残す