ようこそ、いらっしゃいませ。

今から20年くらい前に母から柳茶色のお召の着物を譲り受けました。
柳茶色の地には海松(みる)色と海老茶色で枝に花と見える柄が抽象的に織られています。

お召はその昔、11代将軍徳川家斉が好んで着用したといわれるところから
「御召」と名がついたそうでとても丈夫な織物です。

30代後半からは着物を渋めに着たかったので大喜びで譲り受けましたが
165cmの私が着るには少し小さめです。
それでこれを帯にしてはどうかと思いつき、まず最初に帯職人の方に依頼しました。
帯分の用尺を取ってもまだ残りがありましたので、どうしましょうかと次の相談。

かねてからオリジナル草履にも興味がありましたので、残りの織物は
調べてあった浅草の和装小物【池田工芸】さんへ依頼。
必要生地分を確認し、最後に少しの端切れあり。
あと残りで出来るものは・・・。手提げなら?

この思いつき、手提げにつきましては母に依頼。
着物に似合う荷物入れが欲しいとお願いしたところ、「お安い御用!」と作ってくれました。
母は50歳から趣味で織物(機織り)をやっていて、その織物を使って
今度は鞄作りをしたいと思い立ち、織と鞄を趣味の柱にして今年87歳になりますが、
いまだ意欲衰えずの人です。(もしやこの人、我が家のオタクルーツの一端か?)

dd457e4d0c313241d484e73515b44fc59907bb3a-43-2-2-2

母が若い時に来ていた着物から3点のオリジナルのお品ができ大満足!
これなら今後は私の娘にも、使って貰えそうです。
3代使える丈夫な織物、着物って本当に無駄になるところがありませんね。

本日もご来店頂き有難うございました。

↓↓ランキング登録しました↓↓
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
クリックで他の方のブログも見ることができます

Pocket
LINEで送る

“母の着物から” への6件のコメント

  1. 昨日の御着物、渋くて素敵って思っていました。
    お母様から始まって、女全員がオタクって仲良くて、話が弾んでうらやましいです。
    布、私も大好きです。お召みたいな高価なものではないですが、母が残した衣類、汚れがひどい物以外捨てられず、手を加えて着ています。
    草履にもなるのですね。初めて知りました。
    ローチ幸さん165センチもあるのですか?御着物姿拝見してみたい。すらっとして良くお似合いでしょうね。

  2. >わんこ大好き姉さん さん
    それぞれがこだわっていることに耳を傾けるのは新しい発見や気付きもあり、また違う分野のことも垣間見られて楽しいです。
    わんこ大好き姉さんはお母さんのものを手を加えて着ていらっしゃるとの事、素晴らしいですね。
    ご想像の件ですが私は身長だけでなく横もありますので!(><)(笑)

  3. お召しを譲りうけられたなんて羨ましいです。
    このバッグもそうですが、先日のバッグも細かそうでお母様本当に器用ですね。もしかしたら、帯もお母様がお仕立て出来たのでは?
    親子代々受け継がれていくなんて、なんて素敵な事なんでしょうヾ(@⌒ー⌒@)ノ
    私も164センチ程あります。
    今は着物地や胴裏も幅広な物がありますが、昔誂えた物のなかには、裄が〜ぁ、、、、。という物もあります(>_<)
    今はタンスの外から見てるだけです^_^;
    又々素敵な物を拝見できて、、有難うございました。

  4. >プー1120さん
    帯もしめやすくするためには専門の知識が必要でしょうから、残念ながら母はやりません。
    プー1120さんも背がお高いんですね。昔の物は今より裄が短い物が多いみたいですよね。
    どうにか利用できると良いですね(*^^*)

コメントを残す