ようこそ、いらっしゃいませ。

京都ろうけつ染め作家の狩野嘉一郎さんが来店されているとのことでお誘いを受けた札幌狸小路にある島屋さんへ。

この時はイベントで半衿などにできるちょっとした友禅体験もさせて頂けるとの事でしたが、それはせずに狩野さんに以前別のところで作って頂いたオリジナル扇子をお願いすることに。

3人がそれぞれどんな絵柄にして頂くか相談中、自分だけのものとなると嬉しいですよね。

さてこの日のMさんのスタイル、札幌もそろそろ桜も終わりの頃、それを惜しんで桜色がきれいな紅花染紬に桜の帯、存在感バッチリです。

Iさんは髪飾りがローチ製、桜色のパールの花かんざしです。紫色の小紋に縞の帯が粋でシックな装い。

この日は狩野さんに着物の歴史や色々な柄の意味合いなどの講義も受け

講義だけではなくやっぱりお品定めもね、気に入ったものがあると目が離せなくなります(笑) 島崎店長さん、たすき掛けで頑張ってます。

たっぷり勉強(?)した後には喉も相当乾いたので、島屋さんからほど近い居酒屋「たぱす」

まずは乾ぱ~い♪

それぞれに楽しい箸置きがご愛敬です。

札幌滞在もあとわずかとなりました。

この日のローチ、格子の中の柄が色々に違う大島にグリーンの辻が花模様の帯

羽織は墨流しです。

季節を感じながらの和装はやっぱり楽しいものです。

本日もご来店頂き有難うございました。

ブログランキング参加中です
応援ポチ感謝!ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックで他の方の着物ブログも見ることができます

ハンドメイド通販creemaへ

Pocket
LINEで送る

コメントを残す