ようこそ、いらっしゃいませ。

暑さや雨風を避けて快適に通行できる札幌中心部の地下歩行空間(チ・カ・ホ)はJR札幌駅からススキノまでずっと通じています。

今回は地下鉄大通り駅のすぐそばでの出店でした。

美風庵とローチおソロ姿、初日は7時までにチカホに搬入するため朝早くのお出かけです。

知り合いも訪ねてくれたり、新たに見て下さった方などまた嬉しい出会いの6日間、着物姿も数多く拝見できてとても楽しかったです。

お知らせしていなかったのに通りがかったYさんを足止め(笑)

友人のIさん母娘はほかの用事の後でご来店

こちらのご婦人もたまたま通りかかられたのを「お久しぶりです~」とお声かけできました。以前ご購入の和遊のコームをもう一点のものと共に愛用して下さっているそうです。嬉しい~♪

Miさんは2日間ご来店~、絽の小紋にナスの帯が素敵

別の日には狩野嘉一郎さんの社交着、色を合わせて染めてもらったという帯が何ともいい感じ

Moさんはシックなペールトーンのグレー地全体に花火が舞う絽の小紋に、やはりグレー地にスイカの帯が涼し気、夏の風物詩が一幅の絵となり見る者に物語を感じさせます。

Isさんも2日間ご来店、和遊のかんざしを愛用して下さっていて嬉しいです。これはアンティークカラー軸にアメシスト使用。大き目市松模様のお着物の色合いにマッチしています。夏の博多半幅帯結びも大人可愛く素敵ですね。

別の日、浴衣に合わせた帯はおばあさまのものだそうで年数を考えると100年は経っているかも・・との事。今でもとってもおしゃれですね。帯留めに和遊の金箔カエルさんと、かんざしも和遊の三日月お稲荷さんに刀の飾り。

この方は前日購入して下さったかんざしを早く着けたかったと、お仕事をお休みして着物を着て見せに来て下さいました。なんと嬉しい~。

この素敵なマダムはご主人様のお店をお手伝いに行く途中~。

ある日の美風庵、竺仙の浴衣に大津絵の帯の色合いが合ってます。

さて別日はこのスタイルにした2人です。働き着としてはいい感じかな。美風庵は琉球壁上布、ローチは夏大島です。

初日と最終日には搬入、搬出の際に汚れてもいいような、そしてちょっと目立つように鮮やかブルーの浴衣です。実はこれ出店の数日前にたまたま見つけたもの、浴衣も帯も2つだけ残っていてもうセールになっていたのでちょうどいいなと。60代姉妹のオモシロ柄浴衣、悪くないでしょ(笑) お揃いでなんだかウキウキしました。

次回にも、もう少し出店時の事書きますね~。

本日もご来店頂き有難うございました。

ブログランキング参加中です
応援ポチ感謝!ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックで他の方の着物ブログも見ることができます

ハンドメイド通販creemaへ

Pocket
LINEで送る

コメントを残す