ようこそ、いらっしゃいませ。

羽織紐をブレスレットには使ってきましたが、時計ベルトにもしてみたいと思い、
準備しました。

アクセサリーパーツショップで幾つか販売がありますが
今回は貴和製作所さんのビーズウォッチを使います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

他の素材はコチラ。
夏に爽やかな白が多めのピンク系羽織紐と、鎖2種類、カニカン、カツラなど。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

羽織紐をそのまま時計に使用するには長いので、手首に2重巻して使うことを考えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

時計とのつなぎ方に工夫が必要なので、ループ部分を真ん中で止めてデザインにします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

時計とのつなぎには1mmの組紐を使用することにしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏側で飾り巻きにして縫い留めます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

表側はこんな感じ。ちょっと可愛いです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2重巻での装着については鎖で調節するので、紐の両サイドの房は使用せず、
カツラをかぶせます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カツラを接着させるために、数mm残してカットします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鎖はデザイン性も兼ねるので2種類をつなげて使います。
片方にカニカンとクローバー型鎖、もう一方には丸い鎖を付けました。
あえて両サイドは離さずつなげてあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これくらいの長さだと2重にしてから手首に通し、最後に手首周りに合わせたところで
留めることができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は羽織紐を使用した時計ベルトをご紹介しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本日もご来店頂き有難うございました。

↓↓ランキング登録しました↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックで他の方の着物ブログも見ることができます

↓↓着付けに興味のある方はこちら↓↓

Pocket
LINEで送る

“時計ベルトを羽織紐で” への2件のコメント

  1. こんばんわ(^-^)今回は時計のアクセサリーですね。白と明るい色のコントラストがいいです。九州は豪雨でたいへんそうでした。ゲリラ豪雨にあったことあるので。いつも逃げ込む場所を考えておきたいと思います。晴れていたのに15分前に雲がどんよりして。日食みたいに空が真黒になり。滝みたいな雨にあいました。天気予報は晴れだったのでビックリしました。最近は7月~8月末までいつも5分以内に逃げ込める場所を考えながら歩いています!Σ( ̄□ ̄;)20分豪雨でまた晴れました。

  2. >財富さん
    ゲリラ豪雨という言葉、いつの頃からかありますよね。私も高速道路でそうなった時にビックリしたことがあります。
    低速にしてしのげましたが、地球の変化も色々あるのでしょうね。
    財富さんが逃げ込める場所を考えながら歩くっていうのは凄いなと思います。私も気を付けます!(^^)!

コメントを残す