ようこそ、いらっしゃいませ。

かなりお休みさせていた時計ですが、電池も入れ替えた事だし夏らしくします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベルト外しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨日余分にパーツを作っておいた物をどうにか使おうと考え、
布の土台に付ける方法が良さそうなので、まずベルトの形に作ります。
紺地の帯布とハード芯です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏側は布の合わせ目を隠す為グログランリボンを使おうと在庫を探すと、
幅がちょうど良かったのはコチラ、実はPRADAのリボン、
さすがにロゴのない側を使いましたが、なんでも徹底的に使うリメイク精神です(笑)
革ベルトから外した金具も付け、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レジンパーツを縫い留めて、ベルト端と穴はボタン穴かがりをしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏らしい時計の出来上がり

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日はとことんリメイクの、夏仕様涼やか時計ベルトをご紹介しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本日もご来店頂き有難うございました。

ブログランキング参加中です四つ葉
応援ポチ感謝!ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックで他の方の着物ブログも見ることができますきらきら

着付けに興味のある方はこちら

札幌・出張・個人着付け教室美風庵メールする

Pocket
LINEで送る

“時計のベルトも涼しげにリメイク” への3件のコメント

  1. おはようございます(^-^)腕時計の根元のピンまで外されたんですか。飾りのアクアマリンとかも取り付けの穴ドリルで開けられたんですいませんね。ドリルかリューターだと思いますが。回転具で擦り傷に気をつけてください。なるほどストックの概念持っておられるんですね。素晴らしい考えです。勉強になります。お盆休み目指して頑張ります。ありがとうございます|^▽^)ノ

  2. すいません。ドリルのところ。ですいませんね→ですねです。誤字してすいませんでしたC=C=\(;・_・)/にげーっ(焦)

  3. >財富さん
    レジンパーツはピンバイス使用で、比較的穴も開けやすいです。ご心配頂き有難うございます(^.^)
    各種クラフトには材料が色々必要で、それもまた楽しみのひとつです(*^-^*)

コメントを残す