ようこそ、いらっしゃいませ。

街で女児の振袖姿を見かけた時には、遠慮もなくそちらに目が行き
可愛らしい姿を追ってしまいます。
結い上げた髪に着物の帯周りや胸元には愛らしい飾りも賑やかに付いて、華やかそのもの。
小さい頃の着物は袖を通す機会が少なく、しまったままという方も多いのでは。
でも小物なら出して飾ることができます。
私も子供の筥迫(ハコセコ)の形や色が可愛いいのでずっとしまってありましたが、
最近手に入れた物あり、これを一緒に飾ってみようと思いました。それは大人用の筥迫です。

46f53e6f1903db58e5d51c0daa1b723ee1c6f010-43-2-2-2

さあ、どうやって飾ろうか、間に合うものはないかと家の中を物色。
使用を考えたのが今回使った、厚みのある小ぶりの額です。
今までプリザーブドフラワーをアレンジして飾っていましたが、
それももう色褪せてきていたからチェンジ決定!
次にはどうやって付けようかです。思いついたのがL字型の金具。
DIY好きなので何かしら見つかる!
思い付いたら即、工作。まず飾りたい場所にL字金具を2個ずつボンドで貼って固定。
その上に着物の端切れをL字の飛び出る部分に切り込みを入れつつ貼り付け。
これで仕掛け完成!まず置いてみました。
ぶら下がる部分が額からはみ出るのでガラスはなしにします。
置いただけではポロっと落ちそうなので端の所はピンで抑えました。

86cee97b46cf43d03e2ea3c84d12064eed1c7d0f-43-2-2-2

本当はこんなに雑にせず、額探しなどすると良いと思いますが、
桃の節句を前にいっときこんな飾り方はいかがでしょう?
扇子や帯〆も工夫次第で飾れると思います。
使った時のお子さんの様子など思い出されて家族の会話が弾むかも。
今日のご案内は、思い出の飾り方でした。

本日もご来店頂き有難うございました。

↓↓ランキング登録しました↓↓
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
クリックで他の方の着物ブログも見ることができます

↓↓着付けに興味のある方はこちら↓↓

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す