ようこそ、いらっしゃいませ。

ご相談を受け、取りかかっていたリメイク品の納品ができ、
ご許可を頂いたので、お話させて頂きます。

ご紹介を頂いた方なので面識はないのですが、ご自身のお写真も送って下さり、
それがとてもデザインを考える上での参考になりました。

60代後半にさしかかったS様、最初電話でお話しさせて頂いた時に、
持っていたほかの着物は最近お知り合いに譲られたりして処分したとの事ですが、
この喪服だけはお母様の思い出もあり、手元に置いてあったそうです。

既に両方のご両親を見送り、今後は和装での参列はしないからこれを洋装にとのご希望でした。
5aa7a85d40dd2df2416647702f4e4d1cc5beab6d-43-2-2-2

4回袖を通しただけですから状態はとても良く、ほどいて洗うところから始めましたが、
生地もしっかりした縮緬なので問題はありませんでした。
8caa16958dfece644b2375ed849b7f589e9d6671-43-2-2-2

切り躾
2b8a58998aec645931766248b884fae76a890269-43-2-2-2

ショートヘアーでスポーティな印象のS様でしたので、
上着の襟をハイネックにし、スカートは座っても楽なようにソフトプリーツに。
デザインポイントとしてお袖と背中に着物の紋を活かしました。

遠方なので、この仮縫状態のものを送らせて頂き、ご自身で確認して頂くことに。
c6e92474fe03f48922d0f4e7d1f1ed2688ea9cf7-43-2-2-2

84295413c2ad317d428730ca0e9b82e9167fb4d0-43-2-2-2

するとまた、その着用画像も送ってくださり、これがまた参考になりました。
お直しする寸法は、ご本人とそれを一緒に見て下さった方のご意見から。

そんなやり取りをさせて頂き、これが納品直前の画像です。
b5bf820e18779734fe62e2f950c8923886f44189-43-2-2-2

1b080d04519a7a81ae7b1bc3e1d96103a7d49fac-43-2-2-2

0ee5080ccf25b4fa8e8bbcc5bfbddabbcd0c1794-43-2-2-2

おしゃれ感のあるフォーマルボタン
3dafe723c5fcfb94cddf5bc3abd0443bb2765262-43-2-2-2

スカートの両脇にも紋を使いました。(上着を羽織った時には見えない位置です)
6f866c7b7b73d56cac41bc7013ba6ab67c778a8b-43-2-2-2

裏地はこの着物に付いていたものを使用しています。
不足分は別布で対応。

亡きお母様のご実家は呉服屋さんで、着物の大好きな方だったとのこと。
そのお母様が選ばれた数々のお着物は処分してしまわれたとのことでしたが、
今回はそのようなお母様がS様のお嫁入りに持たせて下さったものが、
またこのように活かせたことにS様と共に喜びを感じさせて頂けたお仕事でした。

感謝・・・。

今日は和装の喪服から洋装の喪服へリメイクしたお話のご紹介でした。
本日もご来店頂き有難うございました。

ブログランキング参加中です四つ葉
応援ポチ感謝!ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックで他の方の着物ブログも見ることができますきらきら

着付けに興味のある方はこちら

札幌・出張・個人着付け教室美風庵メールする

Pocket
LINEで送る

“和装の喪服から洋装の喪服へリメイク” への2件のコメント

  1. ローチ様♡
    すごい!デザイナーですね!
    こんなこともされていたなんて!
    デザイン、紋、ボタンまで素敵です。
    大きなお仕事でしたね。
    毎日の作品に、ブログに、クリーマに、こんなお仕事も引き受けられて。(◎-◎;)
    喜ばれたでしょうねえ。
    ローチ様も嬉しかったことと思います。
    もう、びっくりのお洋服でした。<(_ _)>

  2. >ピーコさん
    ご想像の通り、思い出のあるものを活かすお手伝いができることはとても嬉しいものです。
    これからも良いお手伝いができるように日々鍛錬(^_-)-☆

コメントを残す