ようこそ、いらっしゃいませ。

長く使用されていなかった北海道庁の13階スペースが最近レストランとして開店し、
オープン初日に居合わせたFさんとIさんがテレビ局の取材を受けたと聞いて、
その場所に興味津々のお着物仲間が再び集合!

手前は観光名所の旧北海道庁
7b3a24af86bff5b44089ec7e16deaaf55434d91e-43-2-2-2

100食限定のワンプレートランチが680円です。
93a62611278bd01a8bee4e31df450868a67948c5-43-2-2-2

11時半開店ですが11時過ぎから結構並んでいます。
6bfe07d77bf2bf0c127f09ae47107a10d517fb5b-43-2-2-2

食券購入
b0cc7f6ef7eb0f1a9e85a8789aeeb6902f8a1aa2-43-2-2-2

社食の雰囲気で1回だけ自分でお皿へ好きなだけ盛りつけられます。
嬉しいお野菜たっぷりメニューです。
56c127ffd38455a806ed8e048c0c11d5b20cb54a-43-2-2-2

見晴らしもそこそこ
5306ede47218b5d6c46f67c85e78e80120140844-43-2-2-2

ランチ後に皆さんのオシャレポイントをお聞きしました。
Hさんは、この日しつけをとったばかりの結城紬に紙布の帯、半衿は黒地に刺繍が可愛らしいです。
e2d50a371e5ba3cea1f2132de434e93bcb5c76ee-43-2-2-2

塩沢紬のMIさんは日本刺繍上級者ですが、この日の半衿はミシン刺繍を自分でされたものとの事、
帯留めも外国旅行に行った際ゴッホ美術館で買い求めたブローチを帯留めに作り替えたそう、
赤がとってもきれいです。
b50266421f2eabf80fa0041cb7f4ba42916b9fee-43-2-2-2

Tさんは、藍泥大島紬に勝山の帯、半衿はキリッと白です。
4f99c9b0d95fd689397ffd771c40a3e9d9d75b0d-43-2-2-2

MOさんはシックがコンセプトとの事で大島紬にすくいの帯、半衿もグレー系
492b265c90cf2100fbb5b97a6f24514fcd1cb00e-43-2-2-2

ローチは漢方染めの紬に花柄帯で柄オン柄に挑戦、白の刺繍半衿です。
65c858aa3d5d97cb88e26be43884137f7bbd7aee-43-2-2-2

最後に男性のF氏、個性的な羽織紐はネックレスからリメイクしたもの。
3301246180450ec16a42adc6343c18f5447e29ff-43-2-2-2

それぞれのオシャレポイントを聞くのも見るのも楽しい和装スタイルです。

今日は北海道庁最上階にオープンした気軽なレストランをご紹介しました。
こちらテレビ局の取材時画像
d71e60860f4abf1dc98b57040f80263fb2f43fee-43-2-2-2

本日もご来店頂き有難うございました。

ブログランキング参加中です四つ葉
応援ポチ感謝!ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックで他の方の着物ブログも見ることができますきらきら

着付けに興味のある方はこちら

札幌・出張・個人着付け教室美風庵メールする

ハンドメイド通販creemaへ

Pocket
LINEで送る

“北海道庁最上階でのランチ” への3件のフィードバック

  1. ローチ様♡
    今日は、お着物のお仲間が喜ばれるブログですね!
    北海道庁、30年前と20年前に行きました。(≧▽≦)
    食券売り場なんて、今ないピーコ地域の市役所の食堂に似てます!
    でも、美味しそう。
    1回だけ、好きなのとって良いんですか?(^∇^)
    着物がさっぱり、で、母に見せて聞いたんです。
    古すぎて、全然ダメ。聞きたいこと、知らないんだもん。(`ε´)
    わからないのは、
    紙布の帯
    ゴッホのブローチ、帯留め素敵!
    藍泥大島紬、勝山の帯
    すくいの帯?
    漢方染め
    刺繍の半衿って、綺麗そうで見てみたい!
    ……………………です。
    これは?って聞いても、どれも紬ねえ、なんて、私でもわかるわ。
    ローチ様、教えて下さらなくていいですよ!
    どうせ、わからないんですから。でも、すっごくステキな方ばっかりなのはわかります。
    目の保養………♡…………役に立たないコメントでごめんなさい。(x_x)
    でも、とっても綺麗でした!!!(´▽`)ノ
    あ、今日から、雪祭りですか?
    NHKで予告してました!
    楽しんできて下さい。(^^)

  2. >ピーコさん
    そうそう、1回だけです~(*^▽^*)
    紙布(しふ)は和紙を極細(2mm幅)に切って糸にし、草木で染め、高機で織った布の事。もの凄~く大変な作業を経て、洗ってもちぎれもしない丈夫な布になります。
    泥大島のどろとは染める時の媒染剤に 奄美で特別な泥田が使われるからで、勝山というのは有名な京都の織物やさんです。
    すくいはすくい織の事で、手織りする時に緯糸で経糸をすくって絵画的に表現していく技法。
    漢方染めは薬草を乾かし砕いて煎じ、染料にしている方法の事です。
    何やかやとそれぞれ細かな技法があるのが反物の世界ですね、皆さんそれを楽しまれているのだと思います。
    私も皆さんがおっしゃっるので勉強になります(*^-^*)

  3. わあっ、ローチ様。
    やっぱり教えてくださった。(>_<)ヽ
    お忙しいのにごめんなさい。でもありがとうございます。
    そうかあ~。なるほど~。って想像させて頂きました。
    紬が高価なのに、それだけ手が込んでいるって、なかなか手に入らなそう。
    さすが、お着物の会。すごい方ばっかり。(◎-◎;)
    でも、それが楽しみなのでしょうね。
    もう、展示会、ファッションショーみたいです。
    どうもありがとうございました。(^^)

コメントを残す