ようこそ、いらっしゃいませ。

大人がしても素敵と思えるつまみかんざしを目指して、
今日も形と色を選択。

普通のUピンよりちょっとだけ長い、かんざし用Uピンを使います。

問題は布ですが、こちらお店で買った切り売り縮緬。
つまみ細工の本によると、糸を抜いて地の目を確認すると書いてありました。
確かにきっちり正方形じゃないととても作業がやりずらいので、
確認してみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すると、こんなにくるってるではありませんか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この斜めっぷりでは少ししか買わない布の場合ダメージ大きいなぁと思います。
とにかく糸を抜いての地の目確認は、学生時代、基礎の時にしかやらなかったなぁと思いつつ、
つまみ細工では結構重要です。
クリーム色はほぼまっすぐ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後アイロンで地の目を正して、2cmと1.2cm角の布にします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピンセットも重要アイテム

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これで使うもの準備完了

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Uピンに付けるパーツを作って、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

取り付けました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

のり板にでんぷんのりを準備したらいよいよつまみます。
整列~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

つまんで30分ほどたってから使います。
今日は花びら6枚にしますので半分に葺いた(ふいた)ところ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

仕上げて、水仙です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひとつが小さいので、この4個を髪に散らして使って頂く提案です。

今日は小さ目水仙のUピンつまみかんざしをご紹介しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本日もご来店頂き有難うございました。

ブログランキング参加中です四つ葉
応援ポチ感謝!ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックで他の方の着物ブログも見ることができますきらきら

着付けに興味のある方はこちら

札幌・出張・個人着付け教室美風庵メールする

 

Pocket
LINEで送る

“今日も大人のつまみかんざし作製” への2件のフィードバック

  1. おはようございます。
    水仙の花、画像で見ると本物の様に見えます。
    細かい作業ですね。
    つまみ細工をテレビで見た時、一個のパーツがもっと大きかったように感じます。
    へバーデン結節になってしまったので、ピンセットで細かい作業は続かないかな・・残念です。
    ピンセットは手芸用ですか?
    ミシンで縫う時も、目打ちしか知らなかったのですが、ピンセットの先が曲がったのを使う事も有るのですね。
    地直し、地味ですが大事な作業ですね。

  2. >わんこ姉さん様
    その回の、すてきにハンドメイドを見てないのでわからないのですが1辺を3cmくらいにした大き目だと最初は楽かもしれません。
    私もそれくらいからやってみました。
    ピンセットはつまみ用に買いましたが、先がまっすぐで内側もギザギザがないモノが良いです。
    押さえてスッと引く作業が重要なので。
    そうそうピンセットは作業によって色々使い分けています。
    例えばビーズ用だと先に丸く穴が開いていてビーズをつかみやすくなっている物があったり、他にも先に少し丸みの付いている物があったりなどなど、最近ピンセットも増えてきました(>_<)
    指が少しおつらいんですね、どこが調子悪くてもすっきりしないですもの、お互い気を付けながら作業しましょうね。
    連日の訪問、ほんとにありがとうございます。
    感謝~(^o^)/

コメントを残す