ようこそ、いらっしゃいませ。

この頃何かと作っているタッセルなのですが、
どうして好きなのか考えてみました。

元々は紐や、布の端の始末から始まった装飾なのですが、
主役級のアイテムにもなりえます。

インテリア装飾のタッセルは物凄く凝った物があって、大きさも様々。
ルネッサンス期では房作りの技術が発展して、
マリー・アントワネットが「タッセルはケーキと同じくらい重要」と言ったとか。

日本のモノも甲冑の房飾りや、
今大詰めの大相撲の、吊り屋根の四方からも大きな飾り房が下がっています。

ローチ自身の好きな理由は揺れる要素のある物って見ていて癒される気がする、
とか、色や素材によっては安らぎも感じられるなどかなと。

そして作るアイテムによっては、絹糸を使う事。
ごく細い糸の繊細さに惹かれます。

邪気を祓ってくれる意味もあるので、根付類に良いのではと思っています。

そんな思いの房付きの物をご紹介。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらバラ彫りの石付き

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これらは、あえて撚りのきつい絹の組紐をほどいて作っているので、
ほどいた時はクルクルカール状態です。
こんな風にまっすぐにするのは結構大変なんです。

でも糸の細さと組み合わせられた色合いがどれも素敵なので使っています。

今日は自分のタッセル好き理由を考えてみる、のご紹介でした。
本日もご来店頂き有難うございました。

ブログランキング参加中です四つ葉
応援ポチ感謝!ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックで他の方の着物ブログも見ることができますきらきら

ハンドメイド通販creemaへ

着付けに興味のある方はこちら

札幌・出張・個人着付け教室美風庵メールする

 

Pocket
LINEで送る

“タッセル好きな理由” への2件のフィードバック

  1. ローチ様(*^^*)
    ピーコです!
    このふさは、タッセルと言うのですね。
    私がローチ様をお訪ねしているからでしょうか、
    楽天さんのCMが、いつも、ここかしこに出ますよね。
    私に、組み紐の端の始末の道具が出て来て大笑い!(≧∇≦)b
    そこに、絹糸で止める方法と、ボンドで止める方法が出て来て、
    紐ほどいたら、くしゃくしゃでした。
    蒸気を当てて、櫛でとかします、なんて出て来て。
    ローチ様、なんて細かいことをされているのだと、改めてびっくり。
    ですので、今日のお話はよーくわかりましたです。
    サンゴにタッセルも魅力的でした。
    私などがお邪魔していいのか、真に受けてお邪魔しました。
    札幌のお店で今、さぞかしお忙しいのでしょうね。
    お身体、目も、お疲れ出ませんように。<(_ _)>

  2. >ピーコさん
    このブログ、楽天のシステムを利用させてもらってるのでCMの量は凄いですよね(笑)
    自分が閲覧したものがこれでもかとばかりに出てきたりね(≧▽≦)
    組紐の始末の道具まで出て来たとは~!
    ピーコさん、どんどん訪問して下さい、ほんとに嬉しいので(^^♪
    身体の事までご心配頂いて恐縮です。
    ピーコさんもお花の植え替えなどには腰ご注意で!(^^)!

コメントを残す